ドミニク・ティエム、試合後にマヌーコーチと感無量のハグ ジョコビッチを破って準決勝進出

11月12日、男子テニスのツアー最終戦『ATPワールドツアー・ファイナルズ』3日目が行われ、第5シードのドミニク・ティエム選手が第2シードのノバク・ジョコビッチ選手を6-7、6-3、7-6で破り準決勝進出を決めた。

ティエム選手は第1セットを落とすが、ミスを恐れない攻めのテニスで第2セット、第3セットを連取。ラウンドロビン初戦でロジャー・フェデラー選手にストレート勝ちしていたティエム選手は、BIG3に連勝してセミファイナルに駒を進めた

「これは本当に特別な試合です。このために子供時代から練習してきました。ノバクは世界一のプレイヤーなので、私は何か特別なことをしなければなりませんでした」とティエム選手は喜びを爆発させる。

敗れたジョコビッチ選手はティエム選手の勝利を称えた。

「彼が勝つのは当然だと思います。とても勇敢なテニスをしていました。ティエムは試合全体を通して、それが最後のポイントかのようにプレーしていたんです。彼が素晴らしい試合をしたので私は脱帽して祝福するしかありません

試合後にはコーチと無言のハグ

試合後にATP(男子プロテニス協会)が公式インスタグラムを更新し、コートを降りたティエム選手がニコラス・マスーコーチとハグする動画を公開した。

ティエム選手とマスーコーチの間に言葉はなく、全ての想いを込めて強く抱き合った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

This is why they play the game 👏 Cherish the moment, @domithiem!

ATP Tour(@atptour)がシェアした投稿 –

≪関連記事≫

ドミニク・ティエムってどんな選手?「片手バックハンド」が武器の次世代クレーキング

ナダルの結婚をフェデラー、ジョコビッチが祝福 結婚生活とテニス選手の両立についてもアドバイス

ラファエル・ナダル、ATPファイナルズに出場の意向 「3位より2位、2位より1位でいたい」

新内閣発足?ラファエル・ナダルや錦織圭らトップテニスプレイヤーがモナコ王宮を訪問

全豪覇者のジョコビッチ、子どもたちと紙吹雪でお祝い!はしゃぐ様子がとってもかわいい

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします