アリョーナ・コストルナヤ、NHK杯優勝に「ファイナルの出場権を獲得できて嬉しい」 グランプリシリーズは『ロシア3人娘』が金メダルを独占

フィギュアスケートのNHK杯は女子シングルでアリョーナ・コストルナヤ選手が優勝した。今季からシニアデビューした驚異の16歳はフランス国際に続くグランプリシリーズ2連勝でファイナル進出も決めている。

2位には紀平梨花選手、3位には平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手が入った。

コストルナヤ選手は25日にインスタグラムを更新。姉弟子でもあるザギトワ選手、2人を指導するエテリ・トゥトベリーゼコーチ、振付師のダニイル・グレイヘンガウスさんとの写真を掲載した。

「私の2度目のグランプリが終わりました。ファイナルの出場権を獲得できて嬉しいです。コーチ、ドクター、両親、そして私を応援してくれた全ての人に感謝します」

グランプリシリーズ完全制覇のロシア3人娘

グランプリシリーズ6戦が終わり、ファイナル出場選手が出そろった。女子シングルではトゥトベリーゼコーチが指導する3選手(コストルナヤ選手、アレクサンドラ・トゥルソワ選手、アンナ・シェルバコワ選手)がそれぞれ2勝ずつで金メダルを独占。シニアデビュー初年度から脅威のジャンプを見せる『ロシア3人娘』が圧倒的な強さを発揮した。

そのほかでは紀平選手、ザギトワ選手、アメリカのブレディ・テネル選手が出場権を獲得。女子は6選手中4人がロシア勢となった。

コストルナヤ選手のNHK杯優勝後に「Six down」とインスタグラムを更新したトゥトベリーゼコーチだが、すでにファイナル制覇に向けて準備を進めているようだ。24日にはトゥルソワ選手が練習でトリプルアクセルを成功させた動画を公開している。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aleksandra Trusova 3А Getting ready fo FGP #такинтереснее

Eteri Tutberidze(@tutberidze.eteri)がシェアした投稿 –

10月のジャパンオープンで4本の4回転ジャンプを成功させ話題をさらったトゥルソワ選手。大会後の会見でトリプルアクセルについて尋ねられると「準備はしています。跳べるようになったら、すぐに導入したい」と答えていた。

≪関連記事≫

紀平梨花、イメージを変えた新衣装に注目が集まる NHK杯ショートプログラムは2位発進

アレクサンドラ・トゥルソワ、ロシア杯優勝に喜び「この勝利は価値あるもの」 愛犬ティナの姿も

ロシア杯優勝のアレクサンドラ・トゥルソワ、動物好きの一面も 犬に加えて猫も家族に迎える

アンナ・シェルバコワ、超巨大&多数のLINE『ブラウン』とのショット 中国杯優勝、ロシアの15歳

コストルナヤ、史上最高に美しい選手?「どこをスクショっても美の金太郎飴」…趣味は外国語を学ぶこと

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします