コストルナヤ、史上最高に美しい選手?「どこをスクショっても美の金太郎飴」…趣味は外国語を学ぶこと

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは日本時間の7日に開幕。ジュニア女子ショートプログラム(SP)ではロシアのアリョーナ・コストルナヤ選手が76.32点で首位に立った。

弱冠15歳のコストルナヤ選手。2018年世界ジュニアフィギュアスケート選手権2位、2017年ジュニアグランプリファイナル2位といった成績を残している。確かな実力もさることながら、その容姿が「美少女すぎる」として俎上に載せられることが多い。

(Getty Images)

(Getty Images)

(Getty Images)

「どこをスクショっても美の金太郎飴状態!!!」「コストルナヤちゃんが美しすぎる件。史上最高に美しい選手じゃなかろうか…」などとSNSでもその美少女ぶりは大反響だ。

趣味は外国語を学ぶこと

「Wikia」の情報によると、コストルナヤ選手の趣味は外国語を学ぶことだ。なお、同サイトによると好きな教科は生物学と化学で、現役を引退した後は神経外科医を目指す予定だという。

同サイトはコアなファンによって運営されているものであり情報の信憑生は定かではない部分もあるが、少なくとも彼女の英語力は確かである。

(Getty Images)

過去には、2017年のジュニアグランプリ大会後に英語でインタビューに応じる姿も放送されている。まだ英語を完璧に操ることはできていないものの、懸命に言葉を探し、適切にインタビュアーの質問に答えている様子を確認することができる。

コストルナヤ選手のインタビューには、「この子は本当に可愛くて素晴らしいパフォーマンスをしているのに加えて、英語でコミュニケーションをとろうとしているの?なんて素晴らしいスケーターなの!」といった感想が寄せられていた。

(Getty Images)

(Getty Images)

プライベートは普通の女の子

「長い目で見て、この子がシニアで一番大成するんじゃなかろうか…」と大きな期待がかけられているコストルナヤ選手だが、プライベートは普通の女の子。インスタグラムもチェックしてみてはいかがだろうか。

 

View this post on Instagram

 

Weekend 🎉🎊😇

Alena Kostornayaさん(@alenka_kostornaya)がシェアした投稿 –

《関連記事》

羽生結弦、500体以上のプーさんをフィンランドで寄付…「彼がいるからこそ喜びの連鎖は続いていく」との声も

羽生結弦、撮影休憩中は自分を象ったマドラーで一人遊び……?ロッテ「ホットガーナ」の新CMに出演

「伴走者」とは何か。リオを経験した日野未奈子が語る、その”役割”…「選手にも、支えてもらっている」

羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?「その笑顔やめろ!(笑)似すぎていて腹立つ(笑)」