羽生結弦、今季世界最高得点者としてファイナルへ ISU公式ツイッターではリラックスした表情も

フィギュアスケートのグランプリファイナルが12月5日から開幕する。男子シングルでは羽生結弦選手が3大会ぶりの優勝を懸けて臨む。もし優勝すれば5度目の優勝は男女通じて史上初。

ISU(国際スケート連盟)は公式練習前にツイッターを更新し、選手たちのリラックスした表情を紹介。羽生選手もほかの参加選手と並び、カメラに笑顔を向けた。

羽生結弦が今季世界最高得点者として挑む

3大会ぶりのファイナル制覇を目指す羽生選手の今季は、グランプリシリーズのスケートカナダとNHK杯で優勝。スケートカナダでは今季世界最高得点の322.59点を記録した。

NHK杯後の会見では、アメリカのネイサン・チェン選手をライバル視した。チェン選手は羽生選手がケガのため欠場した一昨年、昨年のファイナルを連覇している。

ネイサン・チェン選手 (c)Getty Images

また、フィギュアスケートは2018-19シーズンからルールが大きく変わったが、新たな採点基準で300点を超えた選手は羽生選手(322.59点)とチェン選手(323.42点)の2人だけ。ファイナルは300点台でのハイレベルな直接対決が期待される。

≪関連記事≫

羽生結弦「また五輪を取るような気持ちで」 グランプリファイナルに向けて

紀平梨花、羽生結弦とのツーショットを公開 グランプリファイナル進出を決めた男女のエース

羽生結弦がどーもくんと再会「久しぶりどーもくん」 笑顔でポーズを決める

羽生結弦、紀平梨花がNHK杯会場入り グランプリファイナル進出も懸かった大一番

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします