紀平梨花、羽生結弦とのツーショットを公開 グランプリファイナル進出を決めた男女のエース

女子フィギュアスケートの紀平梨花選手が11月27日にインスタグラムを更新。NHK杯のバンケットで撮影した羽生結弦選手とのツーショットを投稿した。

黒のワンピース姿でピースサインを作る紀平選手の横に、黒のスーツにえんじ色のネクタイを巻いた羽生選手が立ち、こちらもゆるくピースサインを作っている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#NHK杯 #banquet

Rika Kihira 紀平梨花(@rikaskate0721)がシェアした投稿 –

女子シングル準優勝の紀平選手と男子シングル優勝の羽生選手。男女のエース共演にファンからは喜びの声が溢れている。

  • もー最高です。ゆづりか!!これが見たかった
  • 最高の二人です。ファイナル頑張って下さい
  • なにこれ、最高のツーショットじゃん

また、紀平選手はNHK杯に出場した日本選手団での写真も投稿。チームジャパンの姿にも多くの反応が寄せられた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Team Japan🇯🇵✨

Rika Kihira 紀平梨花(@rikaskate0721)がシェアした投稿 –

NHK杯で男女ともメダルを獲得 羽生結弦が唯一の300点越え

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第6戦NHK杯は、3日間にわたり札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行なわれた。

女子シングルではショート、フリーともに首位に立ったアリョーナ・コストルナヤ選手がトータル240.00で優勝。紀平選手は231.84で銀メダルだった。

男子シングルは羽生選手がただひとり300点を突破する305.05で3年ぶり4度目の優勝。2位に55.03点差をつける大勝だった。

(c)Getty Images

グランプリファイナル進出を決めた2人 羽生結弦はネイサン・チェンとの一騎打ちを予想

NHK杯でグランプリシリーズ全6戦が終了。各6大会で得た合計ポイント上位6名で争われるグランプリファイナルに紀平選手、羽生選手ともに出場を決めた。

女子シングルでは6大会ともロシアの選手が優勝し、ファイナル出場6枠のうち4枠(コストルナヤ選手、アレクサンドラ・トゥルソワ選手、アンナ・シェルバコワ選手、アリーナ・ザギトワ選手)をロシア勢が占める。

紀平選手にはロシア勢の間に割って入るメダル獲得が期待される。

(c)Getty Images

羽生選手は3年ぶりの出場で5度目の優勝を目指す。最大のライバルは、羽生選手が右足首の故障で欠場した一昨年、昨年のファイナルで連覇したアメリカのネイサン・チェン選手。

羽生選手もNHK杯後の会見で「ファイナルはネイサン選手との戦い」と一騎打ちを予想していた。

≪関連記事≫

アリーナ・ザギトワ、NHK杯はショートで苦戦もフリーで巻き返し3位 「トリノで会いましょう」

アリョーナ・コストルナヤ、NHK杯優勝に「ファイナルの出場権を獲得できて嬉しい」 グランプリシリーズは『ロシア3人娘』が金メダルを独占

羽生結弦がどーもくんと再会「久しぶりどーもくん」 笑顔でポーズを決める

紀平梨花、イメージを変えた新衣装に注目が集まる NHK杯ショートプログラムは2位発進

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします