コストルナヤ、ザギトワが「チーム・トゥトベリーゼ」を語る 「コーチは選手にやる気を出させる言葉選びがうまい」

12月6日、フィギュアスケートのグランプリファイナルで女子シングルショートプログラムが行われ、アリョーナ・コストルナヤ選手(ロシア)が85.45点で首位に立った。

2位は79.60点のアリーナ・ザギトワ選手(ロシア)、3位は78.27点のアンナ・シェルバコワ選手(ロシア)だった。

ショートプログラム後の会見では、同じエテリ・トゥトベリーゼ・コーチに学ぶコストルナヤ選手とザギトワ選手が、チーム・トゥトベリーゼについて語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alena Kostornaia and Alina Zagitova pay tribute to ‘Team Tutberidze’ after taking first and second place respectively in the short program at #GPFTurin2019.

Olympic Channel(@olympicchannel)がシェアした投稿 –

女子シングルは半数以上が同門

今年のグランプリファイナル女子シングルは、出場権を獲得した6選手のうち4選手がロシア勢。その全員がトゥトベリーゼ・コーチに学んでいる

今大会では、ジュニアグランプリファイナルの女子シングルでも、トゥトベリーゼ・コーチに学ぶカミラ・ワリエワ選手が優勝した。

コストルナヤ選手は、同門の選手が多く同じ大会にエントリーするメリットを語る。

私たちは常に一緒に練習しています。トリノでは、選手の多くが同じグループに所属しているため、やりやすさがあります。コーチは選手にやる気を出させる言葉選びがうまいんです

ザギトワ選手も「私たちにはチームがあるんです。チーム・トゥトベリーゼです」と微笑んだ。

≪関連記事≫

アリョーナ・コストルナヤ、練習時のウェアにピカチュウ ファンアカウントにはイラストも

アンナ・シェルバコワ、氷の上では「大人のスケーター」を意識 同門のコストルナヤについても語る

アリョーナ・コストルナヤ、NHK杯優勝に「ファイナルの出場権を獲得できて嬉しい」 グランプリシリーズは『ロシア3人娘』が金メダルを独占

アリーナ・ザギトワが眠れる森の美女に変身 スケートリンクのオープニングセレモニーにて

アリーナ・ザギトワが陶芸を体験 『AKITAINU MASARU』の文字が入ったエプロンも

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします