五十嵐カノアが『東京VICTORY』に出演 強さの秘訣や、“カノア語録”を紹介

1月18日放送の『東京VICTORY』にサーフィンの五十嵐カノア選手が出演する。

『東京VICTORY』は「2020年東京オリンピック・パラリンピックを目指すトップアスリートをゲストに招き『選手の人生』と『競技の魅力』そして『東京五輪の楽しみ方』を掘り下げる」トーク番組。

五十嵐選手は東京オリンピックで正式種目に採用される、サーフィンでのメダル獲得が期待されている。

放送は1月18日(土)朝7時から。

13歳でプロ転向 昨年はアジア人初のチャンピオンシップツアー優勝

五十嵐選手は1997年に米国・カリフォルニア州で誕生。そのため両親とも日本人だが日米両国籍を持ち、2017年までチャンピオンシップツアー(CT)に米国選手として参加していた。2018年からは国際サーフィン協会(ISA)に国籍登録変更が認められ日本人として出場している

3歳からサーフィンを始めた五十嵐選手は、アマチュアの全米王者に輝くなど早くから活躍。13歳でプロに転向して2019年にはアジア人初のCT優勝を果たした。

番組概要

サーフィン経験者の両親の元、アメリカで生まれた五十嵐選手。3歳でサーフィンを始め、6歳で11社とスポンサー契約。13歳でプロに転向、15歳で高校を卒業した文武両道のアスリート。

昨年、世界のトップ34人しか参加できないチャンピオンシップツアーでアジア人初優勝と、世界を股にかけて活躍しています。

そんな五十嵐選手の強さの秘密に迫ります。さらに、スタジオでは五十嵐選手のスケールの大きさが分かるカノア語録も紹介!!

アメリカ代表を選択することも可能だった五十嵐選手が、日本代表を選んだ理由、そして東京五輪で果たしたい夢とは?

引用:https://www.tbs.co.jp/sports/tokyovictory/

≪関連記事≫

野口啓代が東京五輪へ抱負 「わたしは、わたしにできる事を」

平野美宇、五輪代表団体戦メンバーに選出 これまでの実績が評価

清水希容、五輪イヤーに向け「悔いなく」 空手「形」は東京五輪で正式種目に

入江陵介がピアノで『栄光の架橋』を演奏 2004年アテネ五輪のNHK公式テーマソング

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします