西岡良仁、ノバク・ジョコビッチに敗れるも初の三回戦を終え「自信持って次に」

全豪オープンテニス男子3回戦で世界ランク71位の西岡良仁選手が、同2位のノバク・ジョコビッチ選手と対戦し3-6、2-6、2-6で敗れた

自身初の4大大会3回戦に進出した西岡選手だが、この日のジョコビッチ選手は「最近で一番サービスゲームの調子が良かった」と語るほどの絶好調。17本のサービスエースを決められ完敗した。

試合後に西岡選手は「全豪オープン3回戦でジョコビッチ選手に完敗でした。また色んな課題が見えたと思います」とツイート。トップ選手との対戦は学ぶことが多かったようだ。

それでも「よくよく考えると僕この2ヶ月間でナダル選手とジョコビッチ選手以外負けてないので、自信持って次に向けて行きたいと思います」と、直近では世界ランク1位と2位の選手以外には負けていないことをポジティブに受け止めた

錦織圭が不在の日本テニスを引っ張る西岡良仁

錦織圭選手が昨年受けたヒジの手術から未だ復帰しておらず、現状では西岡選手が日本のエース。2017年3月に左ヒザ前十字靭帯断裂の重傷を負いながらもカムバックし、翌年には深センオープンでツアー初優勝を果たした。

目標にしている東京五輪出場世界ランキング56位以内が目安となる。自己最高は2017年に記録した58位。全豪オープン3回戦進出で大会後のランキングは60位台中盤まで上がると見られている

≪関連記事≫

ノバク・ジョコビッチは「犬が大好きな男」 全豪オープン3回戦では西岡良仁に快勝

西岡良仁、全豪オープン3回戦へ 次戦はノバク・ジョコビッチと対戦「思いっきりやってきます!」

西岡良仁、全豪オープン初戦を突破 「まずは勝てたことが嬉しい」 東京五輪出場に一歩前進

西岡良仁、チーム全体で最善を尽くすも「悔しい」 ラファエル・ナダルに敗れる

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします