ソフィア・ケニンが全豪オープン優勝「私の夢は実現しました」

(c)Getty Images

2月1日、全豪オープンテニス女子シングルス決勝が行われ、第14シードのソフィア・ケニン選手がグランドスラム通算2勝のガルビネ・ムグルサ選手を4-6、6-2、6-2で破り、グランドスラム初制覇を果たした

21歳でグランドスラム王者になったケニン選手は、表彰式で「本当に光栄です」と喜びを語った。

「私は私自身、父、チーム、私の周りにいる全ての人を誇りに思います。みんな頑張ってきました。私たちは大変な時期を過ごしてきたけど、それでも戦いました。やった! 天にも昇る気持ちです

ケニン選手の父親でコーチも務めるアレクサンダーさんは、1987年に所持金数百ドルでロシアからアメリカに渡った移民だった。決勝前、ケニン選手はセンターコートへ続く通路で父とハグし、力をもらって大一番の舞台に上がった。

私の夢は実現しました。夢があるなら、それに向かって努力して欲しい。なぜなら夢は叶うから

 

この投稿をInstagramで見る

 

Congratulations to our new #AusOpen champion, @sofia.kenin! #AO2020 | 🏆

Australian Open(@australianopen)がシェアした投稿 –

諦めない心こそがソフィア・ケニンの真骨頂

第1セットをムグルサ選手に奪われ「打ちのめされた」気分だったケニア選手だが、それでも「ただ自分を信じて前に進み続ける必要があった」と気持ちを立て直す。

こうした不屈の精神こそが自身の持ち味だとケニン選手は語る。決勝前に受けた『ニューヨークタイムズ』のインタビューでは、「私を倒したいなら完膚無きまでに叩きのめす必要がある」と話した。

ツアーに参加している皆は、私が諦めないことを知っている。私を倒したいなら、完膚無きまでに叩きのめす必要がある。そうして試合を終わらせなければならない。ポイントがどうであろうと戦い続けて試合の流れを変えたいし、過去にも何度かやってきた」

≪関連記事≫

キャロライン・ウォズニアッキが引退 努力で夢を実現「出身や肌の色、体格に関係なく」

大坂なおみに完勝したコリ・ガウフ 伝説の名選手ロッド・レーバーから「会いたい」と反応

大坂なおみ、全豪3回戦は“天才少女”コリ・ガウフと対戦 恐れ知らずの15歳、いま楽しみにしているのは運転免許

キャロライン・ウォズニアッキ、負ければ引退の試合で劣勢を跳ね返す 「素晴らしい観客の前でのプレーは特別」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします