カレン・チェン、会心の演技は「これ以上ないシーズンの終わり方」

女子フィギュアスケートのカレン・チェン選手が、苦しかったシーズンを納得のスケートで締めくくった。

2月8日に韓国・ソウルで行われた四大陸選手の女子フリースケーティングで、チェン選手はフリーのシーズンベストとなる133.78点を記録。合計でも自身初の200点台に乗せる201.06点を出した。

ケガからの復帰に苦しんだシーズン

2016-17シーズンの全米女王は右足の疲労骨折で昨シーズンを全休。復帰した今シーズンは調子が上がらず、グランプリシリーズのスケートアメリカで8位、NHK杯で9位の成績だった。

大会前には、学業との両立に悩むインタビューアメリカフィギュアスケート協会の公式サイトに掲載され、2022年北京五輪に向けた決断も注目されていた。

そのなかで迎えた四大陸選手権女子フリー。チェン選手はノーミスの演技シーズンベストを20点以上更新。ショートプログラムの8位から順位を上げ7位でフィニッシュした

試合後に更新したインスタグラムでは、演技終了後に感極まり顔を手で覆う写真と「これ以上ないシーズンの終わり方」というコメントを投稿している。

最後にあんなスケートができたのはいつだったか思い出せない。みんなの惜しみない愛と応援に感謝します

ファンからは「うれし涙が見られて嬉しい」「カレン完全復活やん…涙とまらん」「あなたの素晴らしいパフォーマンスが見られて私も嬉しい」などのコメントが寄せられている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

omg. 🥺 no better way to end this season. can’t remember the last time i skated like THAT. thank you sm to everyone’s unconditional love & support! 💙

Karen Chen(@karebearsk8)がシェアした投稿 –

≪関連記事≫

紀平梨花が四大陸選手権優勝 アクセル失敗も後半の3回転ジャンプを増やしてカバー

決断を迫られるカレン・チェン 四大陸選手権はキャリアを左右する大会に

カレン・チェンは3年ぶりのNHK杯出場 怪我を乗り越え、心境にも大きな変化

アリョーナ・コストルナヤが欧州選手権優勝 『ロシア3人娘』がまたも表彰台を独占

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします