八村塁、日本人初のライジングスターズ出場 チーム最多タイのダンクには「勝ちたかっただけです。負けるのが大嫌いなので」

2月14日(日本時間15日)、ワシントン・ウィザーズの八村塁選手が若手オールスター『NBAライジングスターズ』に出場し、14得点7リバウンドを記録した。

八村選手は世界チームの先発メンバーに選ばれ、選手紹介では「日本人初」とアナウンスされた。試合では開始54秒に速攻からダンクを決めると、1分後にはアリウープで再び強烈なダンクを見舞う

八村選手は20分のプレータイムで6本のダンクを叩き込んだ。これは同じデューク大学出身のブランドン・クラーク選手と並び、両チーム最多タイだった。

来年はオールスターとライジングスターズ両方出場できるように

試合後のインタビューでは「緊張しなかった」と話した八村選手。とにかく楽しもうと思いながら「試合は試合なので、お互い真剣勝負でした」とコメント。

派手なダンク連発はMVP狙いだったのではという質問には笑いながら否定した。

そんなことはないです。勝ちたかっただけです。負けるのが大嫌いなので

来年はオールスターとライジングスターズ、両方出たいですね」と声をかけられると「そうですね」とさらなる大舞台への出場を目標にした。

≪関連記事≫

渡邊雄太、大学時代を過ごしたワシントンでの試合に喜び 「お帰りなさいと言ってもらえて嬉しかった」

八村塁が怪我から復帰 久しぶりの実戦は「楽しかった」

八村塁、2月1日ネッツ戦で復帰の見込み 指揮官がコメント「どんどん状態が良くなってきた」

レブロン・ジェームズ、コービー・ブライアントへ「あなたの遺産を引き継ぐことを約束する」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします