中村憲剛の「止めて蹴る」にプロも唸る お手本動画に反響

(c)Getty Images

川崎フロンターレの元日本代表MF中村憲剛選手が3月9日、全国のサッカーをしている人たちにお手本となる動画を公開した。

自身のツイッターを更新した中村選手は、新型コロナウイルスの影響でスポーツイベントの中止や学校の休校が続く状況を受けて、「練習や試合がなくなって何をしようか悩んでるサッカー好きのみなさんへ」とツイート。

もし良かったらこの動画を上手く使ってください #本日のケンゴ #止めて蹴る #壁当て #対面パス #自主練」と動画を投稿した。

動画で中村選手は、正面からのパスをトラップし、パスで返す動きを何度も反復する。止めて蹴るはサッカーの基本となる動きだが、勢いがあるボールを自分の蹴りやすい位置にコントロールし、素速く蹴り返す中村選手の動作は技術力の高さが詰まっている。

元日本代表MF石川直宏さんは「なんだか、ボールが憲剛さん好きで離れたくない!って見える」とツイート。

川崎Fのチームメイトだった井川祐輔さんは「ドリブルも大事やけど、サッカーの基礎である【止める・蹴る】の技術があってこそ。つまらない反復練習かもしれないけど、このファーストタッチが出来るとプレーの幅が広がるよ!」とアドバイスした。

シカゴ・レッドスターズの永里優季選手は、「ケンゴさんのこの止める蹴るは一生見ていられるほど美しい」と中村選手の基礎技術の高さを称賛した。

新型コロナウイルスによる中断期間が延長 Jリーグは4月3日の再開を目指す

サッカーのJリーグは3月9日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、公式戦の再開時期を延期すると発表した。

Jリーグは3月18日から公式戦を再開する予定だったが、プロ野球と共に立ち上げた「対策連絡会議」において、感染症の専門家チームから「開催の延期が望ましい」と助言を受けた。今後は4月3日の再開を目指す。

Jリーグは2月21日から23日までに開幕節を行ったあと、25日から3月15日までの公式戦94試合を延期すると決定。ファンからは落胆の声も出ていた。

≪関連記事≫

中田英寿、輸出困難な銘柄「ヨーグルト酒」の魅力を発信 「キットカットミニヨーグルト酒」をプロデュース

横浜F・マリノス、オフィシャルスーツ撮影メイキングを公開 チアゴ・マルチンスはネクタイに一苦労

京口紘人と柿谷曜一朗、新型コロナウィルス感染拡大防止に関するメッセージを公開 「まずは予防」を

サガン鳥栖のエドゥアルドとチアゴ・アウベスが“絵心対決” 筆と墨汁でピカチュウを描く

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします