7人制ラグビー・日本がパシフィックチャレンジで優勝 李承信「ワンチームを作ってきた」

ワールドラグビー パシフィック・チャレンジ 2020』がフィジーで開催された。2連勝で臨んだ日本は大会4連覇中だったフィジーを21-12で破り、同大会初優勝を手にしている。

『パシフィック・チャレンジ』は日本、フィジー、サモア、トンガの若手有望株たちで競う大会。ジュニア・ジャパンは6月、7月に『ワールドラグビー U20チャンピオンシップ』が控えているため、20歳以下のメンバーを多く選出して強化の意味も持たせた。

初戦でトンガと対戦した日本は和田悠一郎選手のトライで先制。一時は同点とされるも追加点で引き離し、46-10で白星発進を飾った。

2戦目のサモア戦も日本は序盤から圧倒。素早いボール回しで相手ゴールに迫り、2桁トライの猛攻で76-3の快勝を収めている。

最終節のフィジー戦は3-7とリードを許す展開になったが、スクラムから木田晴斗選手がトライを奪って逆転する。王者フィジーの猛攻を全員で守った日本は後半8分、ラインアウトからモールで敵陣深く押し込む。

最後は素早くボールを左に展開。木田選手がライン際ギリギリで飛び込みトライ。点差を21-12に広げて逃げ切った

ワンチームで自分たちのラグビーができた

日本に初優勝をもたらした李承信キャプテンは、この勝利に「ワンチームを作ってきたので、自分たちのラグビーができて嬉しく思います」とコメントした。

大会5連覇を目指したフィジーとの最終節も、第2節までの試合に手応えがあったため、自信を持って臨めたと答える。

「トンガ戦、サモア戦でいいゲームができていたので、自分たちのラグビーができたら勝利できると信じていました

≪関連記事≫

福岡堅樹、セブンズの合宿に合流 五輪代表目指し「ここから徐々に仕上げていけるよう頑張ります!」

7人制ラグビー日本代表がウルグアイ大会優勝 主将の松井千士が決勝トライ

7人制ラグビー、チャレンジャーシリーズ初戦で3位 藤田慶和はウルグアイ大会でのリベンジを誓う

ワールドラグビー・セブンズシリーズに挑む7人制ラグビー日本代表が語る 7人制の魅力と東京五輪への展望

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします