7人制ラグビー、チャレンジャーシリーズ初戦で3位 藤田慶和はウルグアイ大会でのリベンジを誓う

ワールドラグビー・セブンズチャレンジャーシリーズ第1戦がチリで行われた。

予選プールAを3戦全勝で突破した日本は、決勝トーナメント準々決勝でジンバブエに33-0の勝利。準決勝のドイツ戦は5-12で敗れ3位決定戦に回った。

3位決定戦ではホームチームのチリと対戦。ボールを大きく動かしなら相手ディフェンスラインの隙を突き、前半は19-7とリードして終了する。

後半に入っても日本は攻め手を緩めない。ラストプレーでもトライを取りきり33-14で勝利した

3位は悔しい結果 藤田慶和「ウルグアイでリベンジします」

チャレンジャーシリーズ初戦を勝利で締めくくった日本だが、藤田慶和選手は「悔しい結果」と試合後にツイート。次週のウルグアイ大会ではリベンジをと意気込んだ。

結果は3位。悔しい結果ですが、下を向いている暇はないです!今週末ウルグアイでリベンジします

ファンからは「悔しい気持ちをバネにしてガンバ」「お疲れ様でした!ウルグアイも頑張ってください」と応援メッセージが寄せられた。

世界の強豪と戦えるコアチーム昇格を目指す大会

(c)Getty Images

チャレンジャーシリーズは、ワールドラグビー・セブンズシリーズのコアチーム昇格をかけた新設大会。2大会の合計成績で上位8チームがプレーオフへ進み、優勝チームがコアチームに昇格できる

ワールドシリーズは、全大会に常時出場可能なコアチーム15チームと、ゲストチーム1チームにより、全10大会の成績で争われる。

日本は昨季のワールドシリーズでコアチーム中最下位に終わり降格。今季はゲストチームとして招待大会に参加しながら、東京五輪に向けた強化を行っている。

≪関連記事≫

ワールドラグビー・セブンズシリーズに挑む7人制ラグビー日本代表が語る 7人制の魅力と東京五輪への展望

松井千士「まだまだ成長できる」 7人制ラグビー代表、オセアニアセブンズで3位に プール戦ではオールブラックス撃破

藤田慶和「みんなで乗り越えた」 セブンズ日本代表が砂漠で坂道ダッシュ

福岡堅樹、今後はチームを離れ東京五輪を目指す 今季ラストゲームにはトップリーグ史上最多動員

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします