ズラタン・イブラヒモビッチ、新型コロナウィルスと戦う基金を設立「具体的な支援が必要だ」

イタリア・セリエAのACミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ選手が、新型コロナウイルス対策のため支援基金を設立した。3月18日にインスタグラムでビデオメッセージを公開している。

今季のイブラヒモビッチ選手は7年ぶりにミランへ復帰優れた得点感覚強靱な肉体を生かしたポストプレーは、低迷していたミランの攻撃を活性化させた。

「コロナウイルスを追い出し、この試合に勝ちましょう」

イブラヒモビッチ選手は、キャリア初期に自身を世界的なスーパースターに成長させてくれたイタリアへの愛を語り、この国に恩返しがしたいと基金設立の目的を説明した。

イタリアはいつも僕にたくさんのものを与えてくれた。そして、このドラマチックな瞬間に、僕は愛する国に恩返しがしたい。僕は一緒に働いている人たちと共に病院を支援するために募金活動を始め、自分のコミュニケーションパワーを使ってメッセージを広めることにしました」

イタリアを襲っているコロナ渦を「シリアスな問題」と呼ぶイブラヒモビッチ選手は、「ビデオだけではない具体的な支援が必要だ」と募金を呼びかけた。

コロナウイルスを追い出し、この試合に勝ちましょう

150万回以上の「いいね」を集めるイブラヒモビッチ選手の投稿では、コメント欄に賛同する声が広まっている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Italy has always given me so much and, in this dramatic moment, I want to give back even more to this country that I love. I decided, together with the people who are working with me, to create a fundraiser for Humanitas hospitals and to use my communication power to spread the message wider. It’s a serious issue and we need a concrete help that’s not just about a video. I count on the generosity of my colleagues, of all professional athletes and of those who want to make a small or large donation according to their possibilities, to kick this virus away. Together we can really help hospitals and doctors and nurses who selflessly work every day to save our lives. Because today we are the ones cheering for them! Let’s together kick the CoronaVirus away and win this match! And remember: if the virus don’t go to Zlatan, Zlatan goes to the virus! Link in bio

Zlatan Ibrahimović(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿 –

≪関連記事≫

川島永嗣のシェフチャレンジ 数年ぶりのリゾット作りに挑戦

久保建英がトイレットペーパーでリフティング JFAが動画を公開

岡崎慎司が乾貴士からの宿題にチャレンジ 新型コロナによる混乱には「前向きに過ごしていきましょう」

中田英寿が立教大学の客員教授に就任 『日本文化の世界戦略』をテーマに講義

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします