西武・武隈祥太、新型コロナの影響で家族と会えない子どもたちを支援 ゲーム機器やおもちゃなどの購入費用を寄付

難病の子どもたちとその家族の支援を行っている埼玉西武ライオンズ武隈祥太投手は、昨年訪問した「医療型障害児入所施設・カルガモの家」と「慶應義塾大学病院」に50万円を寄付することを決めた。

寄付金は両施設に入所・入院している子どもたちが遊ぶゲーム機器おもちゃなどを購入するための費用にあてられる。

武隈投手は2017年から、当時チームメイトだった炭谷銀仁朗選手(現・巨人)とともに、難病の子どもたちが入所している施設への訪問活動を行ってきた。

去年からは、難病の子どもたちとその家族の支援を目的とした寄付活動に取り組んでいるほか、メットライフドームでの試合にも招待している。

「自分たちが何かできることはないか」

球団提供

両施設に入所している子どもたちは、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、外出はもちろん家族との面会も叶わない日々が続いている。武隈投手と炭谷選手はこうした状況を聞き「自分たちが何かできることはないか」と話し合った。

施設関係者からの「自室でも遊んだり楽しんだりすることができると、子どもたちが喜びます」との声を受け、ゲーム機器や音楽機器、おもちゃなどの購入費用にあてる50万円を寄付する。

なお、この活動は公益社団法人「難病の子どもとその家族へ夢を」の協力のもと実施する。

武隈祥太 コメント

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、プロ野球の開幕延期せざるを得ない状況が続いています。

そんな中、昨年訪問した際に出会った子どもたちのことを思い出しました。僕を勇気づけてくれた子どもたちが、今、ご家族とも会うことができない現状を知りました。

少しでも楽しい時間を過ごすことができればと思い、炭谷さんと相談をして50万円ずつ寄付することにしました。開幕したら、昨年以上の結果を残してプレーで元気付けられるように精いっぱいがんばります。

共に乗り越えましょう

武隈祥太 プロフィール

  • 出身地:北海道
  • 出身校および球歴:旭川工業高校~埼玉西武ライオンズ
  • 生年月日:1989年11月24日
  • 入団:2007年高校生ドラフト4位で入団

≪関連記事≫

西武・内海哲也、休日は愛息たちのコーチ役に 自身は開幕に向けて前向きに調整

西武・山川穂高、ピアノで『エリーゼのために』を演奏 腕前に反響

西武・平井克典、開幕延期も「貴重な時間」と前向き 「自分を見つめながら練習できる」

西武・高橋光成が群馬での試合中止を受けファンにメッセージ 「また大きくなって群馬に」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします