西武・高橋光成が群馬での試合中止を受けファンにメッセージ 「また大きくなって群馬に」

球団提供

プロ野球パ・リーグは4月8日、発表していた日程のうち地方球場で予定していた12試合について、開催地を本拠地に変更すると発表した。

地方球場では観客に対して新型コロナウイルス感染防止に役立つ対策を準備しづらいためだ。

西武ライオンズ高橋光成投手は9日、6月に予定していた故郷・群馬県での試合がメットライフドームへ変更になったことにコメントした。

また大きくなって群馬に戻れることを楽しみに

球団提供

9日の午前中、高橋投手はライオンズトレーニングセンターの寮でウエイトトレーニングを行い、その後はメットライフドームでキャッチボールや遠投を行った。最後は一緒に自主練習を行っている佐野康夫選手を座らせて投げ込む。

ブルペンに入る機会もなかなかなく、調整も難しい状況だが、高橋投手は「いまだからこそできることをやりたい。シーズンに入ってからはなかなかできない筋肥大のトレーニングですね。ウエイトにフォーカスをしてやっていきます」と自分なりのテーマを持って取り組む。

球団提供

群馬での凱旋試合を楽しみにしていたファンに向けては「いつも応援していただき、ありがとうございます」と球団を通じてメッセージを寄せた。

「今年も前橋で試合ができること楽しみにしていましたが、それがかなわず残念に思います。昨年、この球場で登板し、負けてはしまいましたが大きな転機となりました。また大きくなって群馬に戻れることを楽しみにしています

プロ野球の開幕は延期を繰り返し先の見えない状況だが、こんな時こそ力を合わせて乗り切ろうと呼びかけた。

「今、このような状況で大変な想いをされていることと思います。こんな時こそ、皆で乗り越えていきましょう! 僕も皆さんにまたお会いできること、楽しみにしています

球団提供

≪関連記事≫

NPB選手会が新型コロナ感染拡大防止のために寄付 炭谷銀仁朗「選手会として少しでも力になれれば」

嶋基宏、母校・中京大中京高校にTシャツを贈る 春のセンバツ中止を受け

NPB、選手とファンがメッセージを繋ぐ「みんなとキャッチボールプロジェクト」第2弾を公開

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします