香川真司がオンラインで子供たちとトークセッション実施へ コロナ禍に「アスリートとして出来ること」

アスリートのマネジメントを行うUDN SPORTSは、小学生から高校生までを対象とした香川真司選手とのオンライントークセッションKids Talk with Shinji Kagawa』を行うと発表した。

本企画は、コロナ禍の影響で日本だけでなく世界が緊急事態となっている状況下で、アスリートとしてできることが何かという問いに対し、休校や外出の抑制による不自由を余儀なくされている子供たち直接コミュニケーションを取りたいという香川選手の発案を受け、実施することになった。

コロナ渦にアスリートとしてできることを

スペイン2部のレアル・サラゴサでプレーしている香川選手だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でスペインも3月からリーグ戦を中断している。リーグは6月6日の再開を目指しているが実現は今後の状況次第

FIFA(国際サッカー連盟)のジャンニ・インファンティーノ会長は「どのような試合も、大会も、リーグも、人間の命を危険に晒す価値はない」と言いきり、早期再開を急ぐのは無責任だとの立場を取っている。

こうした先行き不透明な状況で香川選手は自分にできることを探してきた。

「僕もコロナの影響で思うようにサッカーが出来ない状況の中で、アスリートとして出来ることは何かということを考え続けていました。SNSを通じたメッセージの発信や、ライブ配信も行ってきましたが、同時にまだ出来ることはあるはずだという気持ちがあります」

この企画を通して自宅待機で外に出られない子供たちと直接話し、何か力になりたいと多くの応募を呼びかける。

「Kids Talk with Shinji Kagawa」概要

  • 開催日 :2020年4月22日(水)〜26日(日)の5日間
  • 開催時間 :18:30〜19:00(30分)
  • 開催形式 :パソコンもしくはスマートフォンを利用したオンラインミーティング形式
  • 参加者 :小学1年生〜高校3年生(各回2名の計10名)
  • 応募方法 :UDN SPORTS公式サイト(https://udnsports.com)より “UDN Foundationサポーター”に登録頂き(サポーター登録ページ:https://dream.udnsports.com/entry)、専用フォームより応募して頂いた方の中から抽選

≪関連記事≫

香川真司、新型コロナ対策を呼びかけ 「個人個人が徹底して予防をしてほしい」

香川真司、岡崎慎司、浅野拓磨ら欧州でプレーする選手たちが自宅待機を呼びかけ「#ステイホーム」

リヴァプール移籍の南野拓実にエール続々 クロップ監督をよく知る香川真司からも「世界最高の監督の元で頑張れ!」

フィテッセ加入の本田圭佑、香川真司からのエールにスペイン語で返信 東京五輪にも意欲

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします