【ロシアW杯】ネイマールらブラジル代表が誕生日のチームメイトに卵、小麦粉、牛乳を突然ぶちまけた…なぜ?

サッカーブラジル代表は、ロシアW杯での厳しい試合に向けて準備を進めている。彼らのチームとしての統一性は、非常に強固なものだ。そのチームとしてのまとまりは、ちょっとした行動からもうかがえる。

2018年6月12日、ブラジル代表はチームメイトのバルセロナに所属するフィリペ・コウチーニョの誕生日を、卵、小麦粉、牛乳を本人にぶちまけて祝った。

(c)Getty Images

ブラジルは2018年ロシアW杯の優勝候補の1つである。現在までに5つの優勝をW杯で経験しており、6回目のタイトルを狙いに来ている。緊張感もあるだろう。しかしながら、流石はブラジル代表。フィリペ・コウチーニョの26歳の誕生日を陽気に祝い、リラックスした表情を代表メンバーそれぞれが見せていた。

(c)Getty Images

ネイマール(パリ・サンジェルマン)とガブリエル・ジェズス(マンチェスターシティ)らがこのいたずらの扇動者であった。これはブラジルでは伝統的な誕生日を祝う方法であるという。理由としては「誕生日ケーキを作るのが面倒だから、ケーキの材料をぶつけるようになった」など諸説あるようだ。

(c)Getty Images

ブラジル代表は、現在ロシア・ソチでのトレーニングを行っている。ロシアW杯でグループEに所属し、スイス、コスタリカ、セルビアと対戦する。

≪関連記事≫

【ロシアW杯】「大迫勇也」の活躍で、陸上の「大迫傑」のフォロワーがなぜか増える

【ロシアW杯】「ネイマールの頭にスパゲッティーを投げつけたのは誰だ?」

【ロシアW杯】「チチャリート」と呼ばれるワケ…試合後に男泣き