ネイサン・チェン、コーチはさらなる伸びしろに期待 「トータルスコアを上げていきたい」

男子フィギュアスケートのネイサン・チェン選手は、世界選手権2連覇グランプリファイナル3連覇など輝かしい実績を持つ。

チェン選手を指導するラファエル・アルトゥニアンコーチは、ロシアメディアのインタビューで「彼がエリートスケーターになるための手助けをしていきたい」と話した。

アルトゥニアンコーチはチェン選手と話した際、正直に「まだ君のスケートには好きになれない部分がある」と告げた。それに対してチェン選手は「僕もだよ」と答えたという。

「多くの細部はまだ、あらゆる面で改善や発展させていくことができる」とアルトゥニアンコーチは付け加え、チェン選手の伸びしろに期待した。

新型コロナの影響で現在は公園やビーチでトレーニング

(c)Getty Images

新型コロナウイルスの影響でスケートリンクを使えない状況が続いている。スケート選手にとっては間違いなく難しい時期だが、チェン選手とアルトゥニアンコーチは今後も上達のため可能な努力を続けていく

「ダンスクールに行って新しいプログラムを試し、新しいエレメントを考え、トータルスコアを上げていきたい

屋外で他人と接近しすぎないトレーニングは、運動不足解消のため禁止されていない。チェン選手も現在は公園ビーチをトレーニングに使っている。

「私たちは1日に2種類の運動をする」とアルトゥニアンコーチ。

「朝はストレッチ、その後にフィジカルとストレングス、特別なトレーニングです。ネイサンがジャンプしているのを離れた場所から見て、調整しています

相変わらず難しい状況は続くが、それでもソーシャル・ディスタンスに気をつけながら、チェン選手とアルトゥニアンコーチは来シーズンに備えている。

参考:https://www.olympicchannel.com/en/stories/news/detail/rafael-arutunian-nathan-chen-elite-skater/

≪関連記事≫

ネイサン・チェンの“学業”に迫る動画が公開 引退後に情熱を注げる「新たな何か」を探す

ネイサン・チェンが再発見したスケート愛「氷の上にいないのは不思議な感じがします」

ネイサン・チェン、ジェイソン・ブラウンに焦点 米メディアが振り返った今シーズン

ネイサン・チェン、世界フィギュア中止に「正しい行動」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします