ネイサン・チェン、ジェイソン・ブラウンに焦点 米メディアが振り返った今シーズン

(c)Getty Images

新型コロナウイルスの感染拡大により今年3月に予定されていた、フィギュアスケート世界選手権は直前で中止となった。

ファンが注目していた羽生結弦選手とネイサン・チェン選手の直接対決が果たされることはなく、代替開催の詳しい日程も決まっていない。

フィギャアスケートの今シーズンは不本意な形で幕を閉じた。それでも前半戦は多くの見どころがあり、選手たちは美しい演技で観客を楽しませた。その活躍をNBCスポーツが伝えた。

ネイサン・チェンは今季も学業とスケートを両立

男子では今シーズンもチェン選手の強さが際立った。米国の名門イェール大学に進学し2年生となった今シーズンもフルタイムの学業競技生活を両立させ、5位に終わった平昌五輪を最後に無敗が続く

四大陸選手権は回避したがスケートアメリカ、フランス杯、グランプリファイナル、全米選手権で優勝した。

イタリア・トリノで行われたグランプリファイナルでは、4回転ジャンプ5本を取り入れた高難度の演技でフリースケート224.92点、合計335.30点の世界最高得点で羽生選手との直接対決を制した

(c)Getty Images

ジェイソン・ブラウンは4回転に挑戦

ジェイソン・ブラウン選手は持ち前の表現力柔軟性を生かした演技に加え、今シーズンは準備してきた4回転ジャンプにも挑戦。回転不足と判定されたが果敢な挑戦全米選手権のハイライトとも称賛された。

8月の事故で脳震とうに見舞われ理想的なシーズンの開幕ではなかったが、四大陸選手権では『シンドラーのリスト』でソウルの観客を魅了した。

このプログラムについてブラウン選手は「僕のバックグラウンドは明らかにユダヤ人で、この物語はとても感動的なものでした。ホロコーストやオスカー・シンドラーについて学びながら育ちました」と強い思い入れを語った。

(c)Getty Images

≪関連記事≫

羽生結弦ら6選手、米NBCスポーツが挙げた「日本で史上最も五輪で活躍した選手」に

ジェイソン・ブラウン、グレイシー・ゴールドらが募金活動を実施 「COVID-19救援活動に貢献するため」

羽生結弦、ジェイソン・ブラウンらが世界フィギュア中止でメッセージ 「来シーズンも頑張っていきます」

ネイサン・チェン、世界フィギュア中止に「正しい行動」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします