【ロシアW杯】ドイツ、グループリーグ敗退はあるか?…ジンクスとの戦い

前回王者のドイツが、6大会連続ベスト16のメキシコに敗れ黒星スタートとなった。ドイツが初戦で破れたのは実に36年ぶり。前回王者が初戦で勝てなかったのは3大会連続となった。

(Photo by Matthias Kern/Bongarts/Getty Images)

W杯にはまことしやかに囁かれるジンクスがある。その一つが、「優勝チームは次の大会では苦戦する」というものだ。

苦戦する、と一口にいっても具体的にはどういった結果となっているのか。1982年からの、近年の大会結果を見てみよう。

上記のような結果となっている。今回注目するのは前回大会優勝チームが、次大会でグループリーグ敗退する確率が近年非常に高まっていることだ。1998年フランス大会からみると、4分の3、75%の確率で前回大会優勝チームがグループリーグで敗退している。

仮に今大会、ドイツがグループリーグで敗退すれば、ここ5大会で4例目だ。3大会連続で前回王者が早々と姿を消すことになる。メキシコとの試合ぶり・結果を見て、「ドイツがグループリーグで敗退するかもしれない」と危惧したサッカーファンも多かったようだ。

何が起こるかわからないのがW杯。残りのスウェーデン、韓国相手に勝利を飾れるか。注目だ。

(Photo by Alexander Hassenstein/Getty Images)

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします