【NPB】三井ゴールデン・グラブ賞『ピンチを守り抜く全ての人に感謝を』―Web動画公開中

■心揺さぶる歴代受賞者たちの名言の数々

今年で第49回を迎える「三井ゴールデン・グラブ賞」のWeb動画『ピンチを守り抜く全ての人に感謝を』が10月30日より公開されている。

世界中が、前例のないピンチに襲われた2020年。プロ野球界も、多くの試合が延期になるなど、数々の打撃を受けた。そんな1年を振り返るタイミングである今、ピンチを守り抜き戦っているすべての人たちへ、感謝を伝える内容となっている。

▼Web動画『ピンチを守り抜く全ての人に感謝を』

また、過去の「三井ゴールデン・グラブ賞」受賞者である元日本ハム投手・西崎幸広氏、元ロッテ捕手・里崎智也氏、元日本ハム遊撃手・田中幸雄氏に特別インタビューを実施。コロナ禍を支えてくれている方々へのメッセージや、野球への想い、野球をするうえでのポリシーなどを語っている。

以下、特別インタビューの一部抜粋。

―コロナ禍を支えてくれた人々へのメッセージをお願いいたします。
西崎幸広氏:多くの方々の支えや協力があって成立したシーズンだと思います。プロ野球OBの一人として、改めて野球ができることの喜びや有り難さを強く感じました。

―三井ゴールデン・グラブ賞は今年も実施されますが、どのような想いをお持ちですか。
里崎智也氏:三井ゴールデン・グラブ賞は、選手にとって最高の賞の一つ。今年も実施されることは選手にとっても良いことです。ファンの皆さんも同じだと思いますが、この時期が近づいてくると、どの選手が受賞するか、自分でも予想してみたりします。

―野球をするうえで「これだけは守り抜きたい」というポリシーや想いはございましたか?
田中幸雄氏:野球をするうえでは“努力を欠かさないこと”。試合においては“自信を持って臨むこと”、“気持ちを強く持つこと”を意識してきました。

第49回「三井ゴールデン・グラブ賞」の発表は2020年12月18日予定。コロナ禍の2020年シーズン、どの選手が受賞するのか、注目が集まる。

第48回「三井ゴールデン・グラブ賞」の受賞者。今年はどの選手が受賞するのか

三井ゴールデン・グラブ賞特設サイト

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします