【NPB】ソフトバンク、ロッテを破り破竹のPS12連勝達成 4年連続日本S進出

■MVPは2打席連続本塁打の中村晃

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)第2戦が15日、福岡ペイペイドームで行われ、ソフトバンクがロッテに6-4で勝利。これでCSでの成績を3勝0敗(アドバンテージでの1勝を含む)とし、日本シリーズ進出を決めた。

CSのMVPには、この試合で2打席連続本塁打を放った中村晃が選出された。

ソフトバンクは2019年のCSファーストステージ第1戦で楽天に破れて以来、破竹のポストシーズン(PS)12連勝を達成。日本シリーズ進出は4年連続20度目(前身球団の南海、ダイエー時代を含む)となり、1990年から1994年の西武以来となる、4年連続のシリーズ進出となった。

21日から開幕する日本シリーズでは、2年連続で巨人と激突することになる。

過去に4年以上連続で日本シリーズに進出した球団のうち、4年連続で日本一に輝いたのはV9時代の巨人のみ。勢いそのままに、パ・リーグ球団としては初となる4年連続日本一の達成なるか注目だ。

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします