【サッカー】神の手ゴール、5人抜き…サッカー界のレジェンド・マラドーナが死去

60歳で死去したディエゴ・マラドーナ (C)Getty Images

サッカーの元アルゼンチン代表、ディエゴ・マラドーナが25日、ブエノスアイレス郊外の自宅で死去した。

同氏は、今月3日に硬膜下血腫の手術を受け、11日に退院。現地メディアによると、ブエノスアイレス郊外の自宅で心臓発作で倒れ、そのまま帰らぬ人となった。先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりだった。

マラドーナは1960年ブエノスアイレス生まれ。ワールドカップには4度出場し、優勝に導いた1986年のメキシコ大会では、準々決勝のイングランド戦で「神の手ゴール」や「5人抜きゴール」という伝説のプレーを残した。

アルゼンチン政府は全国で今後3日間、喪に服すると発表している。

CNNによると初報はアルゼンチン・サッカー協会のツイッターだった。

「アルゼンチンサッカー協会は、クラウディオ・タピア会長を通じて、私たちの伝説であるディエゴアルマンドマラドナの死に対する深い悲しみを表明しています。

あなたはいつも私たちの心の中にいます」

また、アルゼンチン大統領、アルベルト・フェルナンデスもツイッターで哀悼の意を示している。

「あなたは私たちを世界のトップに連れて行ってくれました。あなたは私たちをとても幸せにしてくれました。あなたはすべての中で最高でした。

存在してくれてありがとう、ディエゴ。私たちは一生あなたがいなくて寂しいです」

翻訳: Google

文・SPREAD編集部

【追悼】マラドーナの衝撃! 1986年、メキシコW杯の追憶

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします