小塚崇彦、まさに”インスタ映え”な北海道グルメを満喫…元スケーター同士での交流も

元フィギュアスケート選手の小塚崇彦さんがインスタグラムを更新し、北海道を訪れていた際の様子を公開した。

北海道といえば海の幸。うにといくらが豪勢に盛られたうにいくら丼を堪能したようで、ハッシュタグには「#画力」「#半端ない」と記載している。

まさに”インスタ映え”間違いなしのインパクトのあるビジュアルで、食欲をそそられる。

やっぱ #うにいくら丼 の #画力 #半端ない #さいなら #北海道

A post shared by 小塚崇彦 (@takakozuka) on

また、北海道のラーメンが集結したテーマパーク「札幌ら~めん共和国」も訪れ、ラーメンも堪能した模様。

元スピードスケート選手で、現在はJR北海道スケートチームの監督などを務めている鈴木靖さんとの2ショットを公開した。

また、その前の投稿では、元スピードスケート選手で長野五輪金メダリストでもある、清水宏保さんが運営するフィットネススタジオ「TWO SEVEN BODY」を見学に訪れた際の様子も公開。以前からテレビで見て気になっていたという。

現役引退後は、トヨタ自動車に正社員として勤務している小塚さん。アイスショー「プリンスアイスワールド」にも出演するなどフィギュアスケーターとしても活躍する一方で、7月21日にはアマチュアドライバー達が参加するレースへの参戦も決まっている。

引き続き幅広いフィールドでの活躍を見せる小塚さん。今後の動向からも目がはなせない。

≪関連記事≫

レースデビューを控える小塚崇彦、レーサー・服部尚貴と対談

小塚崇彦、高橋大輔、織田信成がアイマスクでの”3BK”ショットを公開!フィギュア界の愛すべきトリオ

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします