【フィギュアスケート】羽生結弦ら主力選手、出場へ前進 全日本選手権

(C)Getty Images

男女それぞれ30人、計60人がエントリー済

公益財団法人日本スケート連盟は22日、東京都内で行われた同理事会の後、報道陣に向け対応し、全日本選手権エントリー選手および関係者に対しPCR検査を実施した結果、全員陰性反応だったと複数メディアが明らかにした。

全選手および親しい関係者は17日に新型コロナウイルス感染症のPCR検査を受け、翌18日は結果として全員陰性と確認した。

本大会には男子シングルスの宇野昌磨羽生結弦鍵山優真ら、また女性シングルスも紀平梨花樋口新葉宮原知子本田真凜ら国内主力選手がそれぞれ30人計60人エントリー済、24日より長野のビッグハットで開催が予定されている。

特に羽生は新型コロナウイルスの蔓延以降、各種大会への出場を断念。今大会もエントリーのみで出場については未定という見方もあったが、関係者全員が陰性という状況下においては、羽生の本戦出場へ大きく前進したとみるべきだろう。ファンの間では、彼の持病である喘息が懸念され、「出場してもらいたいが、心配」という声もネットに散見されていた。

その他の大会関係者、コーチ陣も23日以降、現地でPCR検査が予定されており、陽性者は現地入りできない。会場の収容人数も50%を上限とした入場者で開催される。

文・SPREAD編集部

【フィギュア】26歳を迎えた羽生結弦 過去の名場面をギャラリーで一挙振り返り

【フィギュア】羽生結弦、早稲田の広報誌で自らの学生生活を振り返る

羽生結弦ら6選手、米NBCスポーツが挙げた「日本で史上最も五輪で活躍した選手」に


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします