【MLB】ダルビッシュ有、本人知らぬ間にパドレスへトレード成立!?

(C)Getty Images

専属捕手もパドレスへ、2対5の大型トレード成立

2020年シーズン、8勝を挙げ最多勝を獲得、またサイ・ヤング賞候補にも挙がったシカゴ・カブスダルビッシュ有のトレードが決まったと28日(日本時間29日)、MLB公式サイトを含むアメリカ複数メディアが報じた。ダルビッシュと専属捕手のビクター・カラティーニサンディエゴ・パドレスへ。パドレスからは投手のザック・デイビーズ他、内野手のReginald PreciadoYeison Santana、外野手のOwen CaissieIsmael Menaのマイナー有望選手5人がカブスへ移る大型トレードとなる模様。

ダルビッシュはTwitterで「自分のトレードが確定したみたいな情報が有力な筋から出てきだしたけど、自分の携帯は鳴りません。どういったシステムなんでしょうか?」と困惑をあらわにした。これにミネソタ・ツインズ前田健太は「これは僕の時と同じシステムですね」と反応している。

ダルビッシュの戸惑いも当然で、彼は12球団に対してのトレード拒否権を持っていた。だが、パドレスは除外されていたため、本人への通知なしで交渉が進められたようだ。現パドレスのAJ・プレラーGMは12年、ポスティング・システムによりテキサス・レンジャーズがダルビッシュを獲得した際のGM補佐だった縁も働いたと見られ、Twitter上にもプレラ―GMが頻繁にメンションされている。

パドレスはタンパベイ・レイズから18年のサイ・ヤング賞投手であるブレイク・スネルも獲得するなど、補強に本腰を入れている。ダルビッシュにとってレンジャーズ、ドジャース、カブスに続く4球団目。2021年はワールドシリーズ制覇、サイ・ヤング賞獲得などさらなる期待がかかる。

文・SPREAD編集部

【MLB】菅野智之、獲得に向けた競争がヒートアップ中 移籍先候補の投手事情とは?

【NPB】澤村拓一は「アメリカでも十分通用する」 元巨人投手コーチが豪腕復活の要因を語る

ダルビッシュ有はサイ・ヤング賞獲得なるのか


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします