ロッテ・井口、”初”のMLB経験者 一軍監督へ…立場が変わっても選手からの信頼は変わらず

ロッテの井口資仁監督が3月21日にインスタグラムを更新して、内野手会から引退記念のボールをもらったとつづった。監督室で撮られた写真からは選手たちに慕われている様子が伝わってくる。

“初”のMLB経験者 一軍監督

昨季までロッテで9シーズン過ごした井口監督。今季からは伊東勤監督に代わってチームの指揮を執ることになった。メジャーリーグ経験者の一軍監督は日本プロ野球界では初のこと。

関係性がチームメートから監督に代わっても、後輩たちが井口監督を慕う気持ちに変わりはないようだ。引退セレモニー時の写真パネルが掛けられた監督室に集まり、嬉しそうに記念品を持つ井口監督を笑顔の内野陣が囲んでいる。

30日のプロ野球開幕も見据えながら井口監督は、「来週末からシーズン始まるので皆んなには最高のシーズンを送って貰いたいと思います」とコメントしている。

昨季はリーグ最下位に終わったロッテだが、井口監督の下で逆襲を誓う。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします