川島永嗣が35歳になって再認識した、両親の偉大さ「尊敬の気持ちで一杯です」

3月20日、日本代表GK川島永嗣選手の(FCメス)が35歳の誕生日を迎えた。同日にインスタグラムを更新した川島選手は、改めて自分を育ててくれた両親の偉大さを噛み締めていた。

自分を産んで、育ててくれた両親への感謝

3月20日の誕生日に「今日で35歳になりました」とインスタグラムを更新した川島選手は、夫人と子供との3ショットを載せ、「妻が自分の息子を産んでくれたように、35年前母親が自分を産んでくれたと思うと、感謝の気持ちで一杯です」と母の愛に感謝した。

そして自分も父親になったからこそ、「見てきた父親のように自分もなっていけるのか、そう考えると尊敬の気持ちで一杯です」と父親の背中が大きく見える。

「現在を支えてくれている妻、最高のパートナーとしていつも感謝の気持ちで一杯です。そしていつも支えてくれている皆さん、皆さんのサポートなしに今の自分はありません。いつも本当にありがとうございます」

ファンからは祝福や共感、応援のコメントが多数

ファンからは「お誕生日おめでとうございます〜!」「子供をもつと、親へ感謝しますよね」「サムライブルーのゴールキーパーは絶対川島選手だと思ってます!」など、祝福や共感、応援のコメントが多数寄せられていた。

今日で35歳になりました🎉 妻が自分の息子を産んでくれたように、35年前母親が自分を産んでくれたと思うと、感謝の気持ちで一杯です。35歳、見てきた父親のように自分もなっていけるのか、そう考えると尊敬の気持ちで一杯です。現在を支えてくれている妻、最高のパートナーとしていつも感謝の気持ちで一杯です。そしていつも支えてくれている皆さん、皆さんのサポートなしに今の自分はありません。いつも本当にありがとうございます。35th birthday today🎉thank my mother for my birth 35 years ago. Thank my father for showing me the way. Thank my wife for being great partner always. Thank you all for your support for always. Without your support I’m nothing✨ #35#anniversary#35歳#誕生日#forever#young#thankyou#all#感謝

A post shared by 川島永嗣 Eiji Kawashima (@eijikawashima01) on

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします