「いくらもらってるの?」ロシアW杯出場国の監督年俸ランキングからわかること。FIFA、GDPランキングもつけてみた

SOCHI, RUSSIA - JUNE 23: Joachim Loew, head coach of Germany looks during the 2018 FIFA World Cup Russia group F match between Germany and Sweden at Fisht Stadium on June 23, 2018 in Sochi, Russia. (Photo by Alexander Hassenstein/Getty Images)

ロシアW杯に出場する国の監督の年俸。案外気になるところではないだろうか。ロシアW杯出場国の監督の年俸ランキングを見てみると、ドイツ、ブラジル、フランス、スペインと、優勝候補とされる国が順番に並ぶのがわかる。

FIFA World Cup 2018 Coaches Salaries (Officially Revealed)

とはいえ、幅広い視点で見てみると、違う結果が見えてきそうな気もする。W杯が終わったタイミングで改めて見てみるのも面白いだろう。

今回、もっと多角的にこのランキングを捉えるために、FIFAランキング(2018年6月7日に公開された)と、2017年度の名目GDPランキングを加えてみた。「どれだけ各国がW杯に力を入れているのか」ということ以前に、国の経済状況によっても給料として出せる額も異なってくるだろうからだ。

1位: ヨアヒム・レーブ(ドイツ)  約4億8990万円

(Getty Images)

FIFAランキング:1位

GDPランキング:4位

2位:チッチ(ブラジル) 約4億4670万円

(Getty Images)

FIFAランキング:2位

GDPランキング:8位

2位:ディディエ・デシャン(フランス)約4億4670万円

(Getty Images)

FIFAランキング:7位

GDPランキング:7位

4位:フレン・ロペテギ(スペイン)約3億8200万円

(Getty Images)

FIFAランキング:10位

GDPランキング:14位

5位:スタニスラフ・チェルチェソフ(ロシア)約3億2660万円

(Getty Images)

FIFAランキング:70位

GDPランキング:12位

6位:フェルナンド・サントス(ポルトガル)約2億8040万円

(Getty Images)

FIFAランキング:4位

GDPランキング:47位

7位:カルロス・ケイロス(イラン)約2億4960万円

(Getty Images)

FIFAランキング:37位

GDPランキング:27位

7位:ガレス・サウスゲート(イングランド)約2億4960万円

(Getty Images)

FIFAランキング:12位

GDPランキング:なし(なお、イギリスは5位)

9位:ホルヘ・サンパオリ(アルゼンチン)約2億3100万円

(Getty Images)

FIFAランキング:5位

GDPランキング:21位

10位:オスカル・タバレス(ウルグアイ)約2億1570万円

(Getty Images)

FIFAランキング:14位

GDPランキング:74位

11位:エクトル・クーペル(エジプト)約1億9100万円

(Getty Images)

FIFAランキング:45位

GDPランキング:45位

11位:ホセ・ペケルマン(コロンビア)約1億9100万円

(Getty Images)

FIFAランキング:16位

GDPランキング:40位

13位:ファン・アントニオ・ピッツィ(サウジアラビア)約1億8180万円

(Getty Images)

FIFAランキング:67位

GDPランキング:19位

14位:ベルト・ファン・マルワイク(オーストラリア)約1億5100万円

(Getty Images)

FIFAランキング:36位

GDPランキング:13位

15位:リカルド・ガレカ(ペルー)約1億4200万円

(Getty Images)

FIFAランキング:11位

GDPランキング:48位

16位:フアン・カルロス・オソリオ(メキシコ)約1億2940万円

(Getty Images)

FIFAランキング:15位

GDPランキング:15位

17位:オーゲ・ハレイデ(デンマーク)約1億2010万円

(Getty Images)

FIFAランキング:12位

GDPランキング:36位

17位:西野朗(日本)約1億2010万円

(Getty Images)

FIFAランキング:61位

GDPランキング:3位

17位:ロベルト・マルティネス(ベルギー)約1億2010万円

(Getty Images)

FIFAランキング:3位

GDPランキング:25位

20位:ヴラディミル・ペトコヴィッチ(スイス)約1億780万円

(Getty Images)

FIFAランキング:6位

GDPランキング:20位

21位:エルベ・ルナール(モロッコ)約9860万円

(Getty Images)

FIFAランキング:41位

GDPランキング:61位

22位:ヘイミル・ハルグリムソン(アイスランド)約8930万円

(Getty Images)

FIFAランキング:22位

GDPランキング:105位

23位:ズラトコ・ダリッチ(クロアチア)約7090万円

(Getty Images)

FIFAランキング:20位

GDPランキング:78位

24位:ゲルノト・ロール(ナイジェリア)約6470万円

(Getty Images)

FIFAランキング:48位

GDPランキング:31位

25位:ヤン・アンデション(スウェーデン)約5850万円

(Getty Images)

FIFAランキング:24位

GDPランキング:23位

25位:シン・テヨン(韓国)約5850万円

(Getty Images)

FIFAランキング:57位

GDPランキング:11位

27位:エルナン・ダリオ・ゴメス(パナマ)約4930万円

(Getty Images)

FIFAランキング:55位

GDPランキング:73位

28位:ナビール・マールール(チュニジア)約4310万円

(Getty Images)

FIFAランキング:21位

GDPランキング:92位

28位:オスカー・ラミレス(コスタリカ)約4310万円

(Getty Images)

FIFAランキング:23位

GDPランキング:76位

30位:ムラデン・クルスタイッチ(セルビア)約3700万円

(Getty Images)

FIFAランキング:34位

GDPランキング:87位

31位:アダム・ナバウカ(ポーランド)約3390万円

(Getty Images)

FIFAランキング:8位

GDPランキング:24位

32位:アリウ・シセ(セネガル)約2600万円

(Getty Images )

FIFAランキング:27位

GDPランキング:117位

 

参考:http://www.imf.org/external/ns/cs.aspx?id=28

あくまで目安にしか過ぎないが、色々見比べているだけでも興味深い。例えば、開催国ロシアはFIFAランキングは70位だが、監督の年俸は5番目。いかにこの自国開催の大会に力を入れてきているかがわかる。

ポルトガルがGDPでは47位なのにも関わらず監督の年俸は6位というのも目立つ。さらに注目されるのは南米諸国。ウルグアイがGDPでは74位、コロンビアが40位、ペルーが45位だが、それぞれ監督の年俸は10位、11位、15位。お財布の中から、かなりの割合をW杯に利用している姿が見えてくる。

《関連記事》

【ロシアW杯】日本の番狂わせレベルを数字で見ると、笑えるくらい。監督の給料で見るグループH


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします