スポーツ界に広がるコロナの影響 20~27日発表の主なアスリート感染・開催情報

3月と4月に開催予定だったU16とU19のアジア選手権が中止に

11の都府県に加え、沖縄など独自の緊急事態宣言が発出されてから数週間が経つものの、その延長論も強まっており、新型コロナウイルスの感染はいまだ収束が見えない。

東京五輪については中止や再延期を求める声が多くなるなど、スポーツ界にも多大な影響を及ぼしており、無観客での開催や、感染によるアスリートの出場取りやめなどの対応を余儀なくされている。

20日から本日にかけて発表された、主なアスリートの感染や大会の開催情報などは以下の通り。(情報は28日現在)

■神奈川障害者スポーツ大会が中止

神奈川県伊勢原市は21日、1月から4月にかけて開催予定だった第14回神奈川県障害者スポーツ大会の中止を発表。感染再拡大が大きく影響したとみられる。

中止になった競技

フライングディスク
ボウリング
アーチェリー
陸上競技
水泳
卓球
サウンドテーブルテニス
ボッチャ

■柔道 4月に行われる全日本柔道は延期に

全日本柔道連盟は22日、4月に行われる予定だった男女の全日本選手権を延期にすることを発表。緊急事態宣言の発令で、予選の開催が困難なことから今回の判断に至った。代替日時は、10月以降を検討している。

延期になる試合は以下の通り

【第36回皇后盃全日本女子選手権大会】

日 時:4月18日(日)
会 場:神奈川県・横浜武道館

【令和3年全日本選手権大会】

日 時:4月29日(木・祝)
会 場:千葉県・千葉ポートアリーナ

■サッカー 各アジア選手権が中止

アジア・サッカー連盟AFC)は25日、感染再拡大を懸念し、4月のU19アジア選手権と3月のU16アジア選手権の中止を発表した。また、AFCは3月〜4月に行われる予定だったフットサル、4月〜5月のビーチサッカーの中止も決定。

■ゴルフ AbemaTVツアーのノヴィルカップが中止を発表

日本ゴルフツアー機構は25日、今年の春に開催予定だった国内男子AbemaTVツアー・ノヴィルカップ2021年度大会の中止を発表した。感染再拡大を懸念し、安全性の確保が困難と判断した。

■ショートトラック 世界選手権への派遣が中止に

日本スケート連盟は26日、3月にオランダで開催予定の2020年ショートトラック・世界選手権への派遣中止が決定した。本大会は男女合わせて、10名が派遣される見込みだった。

■ハンドボールとレスリング 東北高校選抜の試合が中止が決定

東北高校は27日、2月に行われる東北高校ハンドボール選抜と同高校選抜レスリング大会の中止を発表。感染数が減少傾向にないため、苦渋の決断となった。

■コロナ感染を懸念し、琴貫鉄など14名の力士が引退

日本相撲協会は27日、3月14日からエディオンアリーナ大阪で行われる大相撲春場所番付編成会議を開き、引退力士14名を発表。

序二段琴貫鉄はTwitter上で「このコロナの中、両国まで行き相撲を取るのはさすがに怖い」と九重部屋のクラスターもあり、自身の感染にも懸念し、初場所前に引退を決断した。

引退力士

露草(大嶽部屋)
己竜山(大嶽部屋)
琴隼(佐渡ヶ嶽部屋)
琴貫鉄(佐渡ヶ嶽部屋)
琴大村(佐渡ヶ嶽部屋)
城雄力(山響部屋)
宗像(藤島部屋)
星飛(藤島部屋)
禧集院(木瀬部屋)
高見劉(東関部屋)
栃佐藤(春日野部屋)
剛秦龍(式秀部屋)
北東龍(玉ノ井部屋)
渉利(立浪部屋)

スポーツ界に広がるコロナの影響 16~19日発表の主なアスリート感染・開催情報

スポーツ界に広がるコロナの影響 13~15日発表の主なアスリート感染・開催情報

スポーツ界に広がるコロナの影響 週末~12日発表の主なアスリート感染・開催情報

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします