【格闘技】武尊、vs那須川天心“6月東京ドーム”報道に「自分の口で伝える」

昨年大みそか『RIZIN.26』那須川天心戦を観戦する武尊 (C)RIZIN FF

3月28日の日本武道館K’FESTA.4 Day.2』でレオナ・ペタス戦を控えるK-1 WORLD GP3階級制覇王者・武尊が29日、自身のツイッターとインスタグラムを更新。一部週刊誌で、6月東京ドームで那須川天心との対戦が実現する、と報じられたことに反応した。

【格闘技/RIZIN.33】那須川天心、ラストマッチは五味と壮絶な打ち合い 大粒の涙で卒業「ずっとRIZINが大好きで…」

【格闘技】「ここから日本の格闘技界は変わります」 ついに実現する那須川天心vs.武尊、両者がSNSで決意表明

【格闘技】那須川天心vs.武尊、2022年6月にドリームマッチが実現 「すべての問題をクリア」

◆武尊が激白!那須川天心に負けたら「引退」 30歳を前に確信「今が一番強い」

■「その後のことは勝ってから決める」

「今日もやりきった」から始まるツイートには、当初24日に予定されていた大会へ向け、既に仕上がりきっていたであろう肉体美の写真が添えられ、続いて週刊誌の記事について言及。

「週刊誌の記事で色々騒がれてるけど、今は目の前の試合だけに集中したいし、試合は毎回死ぬかもしれないという覚悟を持って挑むから試合後の予定は何も立てない。その後のことは勝ってから決めるし、自分の口でみんなに伝える」と、レオナ・ペタス戦に専念すると伝えた上で、試合後に動きがあることを示唆した。

■対戦相手は打倒・武尊に燃える男

対戦相手のレオナ・ペタスは埼玉県出身の28歳で、34戦28勝(12KO)5敗1分。K-1グループの立ち技格闘技団体「Krush」を主戦場とし、2016年に英雄伝説アジア-60kg級トーナメント優勝、2019年に第9代Krushスーパー・フェザー級王者のタイトルを手に入れた。

2019年12月の初防衛後、マイクで武尊に挑戦権を叩き付け、昨年11月のK-1福岡大会K-1スーパー・フェザー級タイトルマッチを予定していたが、武尊の負傷により中止。その後、今年1月24日の『K’FESTA.4』に組み直されたが、緊急事態宣言に伴い再び延期となっていた。

昨秋から2度にわたって延期となったレオナ・ペタス戦へ向けて武尊は、「今は3月28日必ず勝つ為に生きる。応援お願いします!」と、ファンへのメッセージで締めくくった。

【武尊×天心】関連記事

【格闘技/RIZIN.33】那須川天心、ラストマッチは五味と壮絶な打ち合い 大粒の涙で卒業「ずっとRIZINが大好きで…」

【格闘技】「ここから日本の格闘技界は変わります」 ついに実現する那須川天心vs.武尊、両者がSNSで決意表明

【格闘技】那須川天心vs.武尊、2022年6月にドリームマッチが実現 「すべての問題をクリア」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします