【テニス】大坂なおみがセリーナに圧勝、2年ぶり決勝進出 全豪オープン 

2年ぶりの全豪決勝に進出した大坂なおみ(2021年2月18日) (C)Getty Images

テニスの全豪オープンは18日、女子シングルスの準決勝がロッド・レーバー・アリーナで行われ、世界ランキング3位で第3シードの大坂なおみ(日本)が同11位で第10シードのセリーナ・ウィリアムズ米国)に6-3、6-4でストレート勝ち、2年ぶりの決勝進出を果たした。

◆大坂なおみ、電光石火の全豪4強入りを地元紙も称賛「恐怖のコンビネーション」

大坂は、第1セットの第4ゲームでブレークポイントを奪い、その後もサービス、ストロークともにセリーナを圧倒、このセットを6-3でものにした。第2セットでも、第1ゲームを大坂がいきなりブレーク。勢いは止まらず6-4で勝利を決めた。戦前、パワーとパワーの戦い、事実上の決勝戦とまで囁かれた対戦だったが、大坂の快勝に終わり、これでセリーナとの通算成績を3勝1敗とした。

大坂は決勝で、同24位で第22シードのジェニファー・ブラディ(米国)と同27位で第25シードのカロリナ・ムホバチェコ)の勝者と優勝をかけ、対戦する。

【テニス】大坂なおみ、準決勝セリーナ戦は正午以降に開始 4度目の直接対決の行方は

【テニス】大坂なおみ、ストレート勝ちで4強進出 全豪日本女子最多の20勝目

【テニス】大坂なおみ、エースとウィナーはここまで全豪最多 次戦は台湾の技巧派ベテラン

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします