【ゴルフ】松山英樹、首位と6打差のイーブンパー 世界選手権初日

首位と6打差のイーブンパーで初日を終えた松山英樹(2021年2月25日) (C)Getty Images

男子ゴルフ世界選手権シリーズ・ワークデー選手権は25日(日本時間26日)、フロリダ州ブラデントンコンセッションGCで初日が行われ、松山英樹は6バーディ、1ボギー、1ダブルボギー、1トリプルボギーの72の35位タイで第1ラウンドを終えた。稲森佑貴は73の44位タイだった。

松山は、第10ホールまでに4バーディで首位と1打差の3位につけるも、13番ではダブルボギー、最終ホールはトリプルボギーと波に乗ることができなかった。

首位タイは、PGAツアーの世界ランキング9位のウェブ・シンプソンアメリカ)とマシュー・フィッツパトリックイングランド)の66。また、同ランキング2位のジョン・ラームスペイン)は68の7位タイ。

本大会は、25日〜28日の4日間で予選落ちなしで行われる。

逆転Vのダニエル・バーガーが13位 松山英樹は22位に浮上【男子世界ランキング】

松山英樹は4バーディで追い上げも… 取りこぼしに「バーディ獲った感はない」

【ゴルフ】ソニーOP 松山英樹は追い上げならず6打差19位T ケビン・ナがツアー5勝目

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします