【競馬】「弥生賞」ダノンザキッドの2枠は過去10年で勝率0% データ傾向「ローテ・脚質・枠順・人気別」

3月7日に中山競馬場で開催される第58回弥生賞(GII、芝2000m)の枠順が5日、JRAより発表された。デビューから3連勝中で前走・ホープフルSを勝利したダノンザキッドは2枠2番、キングマン産駒でデビュー2連勝中のシュネルマイスターは8枠10番に入っている。

◆【データ傾向】「弥生賞」ローテ・脚質・枠順・人気別

■弥生賞枠順

1枠1番 ゴールデンシロップ(牡3、美浦・木村哲也) 北村宏司

2枠2番 ダノンザキッド(牡3、栗東・安田隆行) 川田将雅

3枠3番 テンバガー(牡3、栗東・藤岡健一) M.デムーロ

4枠4番 タイトルホルダー(牡3、美浦・栗田徹) 横山武史

5枠5番 ホウオウサンデー(牡3、美浦・奥村武) 岩田康誠

6枠6番 ワンデイモア(牡3、美浦・国枝栄) 田辺裕信

7枠7番 タイムトゥヘヴン(牡3、美浦・戸田博文) 三浦皇成
7枠8番 ソーヴァリアント(牡3、美浦・大竹正博) 大野拓弥

8枠9番 タイセイドリーマー(牡3、栗東・矢作芳人) 石橋脩
8枠10番 シュネルマイスター(牡3、美浦・手塚貴久) C.ルメール

【競馬】「弥生賞」ダノンザキッドとタイムトゥヘヴンの明と暗。どちらかに該当する「馬券内率0%データ」とは

【競馬】「弥生賞」ダノンザキッドら有力馬追い切りジャッジ&狙える穴馬プラスワン!

【競馬】ホープフルSはダノンザキッドが3連勝で人気に応える

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします