【競馬】「大阪杯」コントレイルら有力馬追い切りジャッジ&狙える穴馬プラスワン!

先週の高松宮記念は雨中の重馬場で行われましたが、脚を取られるコンディションだったからこそ“真の底力”が問われ、上位人気3頭の決着になった感がありました。究極の仕上げに思え「プラスワン!」として取り上げたライトオンキューは鼻出血で17着。スプリンターズSというよりは高松宮記念でこそ、のタイプなのでまた来年帰ってきて欲しいですね。

さて今週は春の中距離王決定戦、大阪杯。このレースの有力馬の中間調整と最終追い切りのジャッジをお届けします。最後には「プラスワン!」として調整面から狙える穴馬もご紹介。

どうぞご参考になさってください。

◆「穴馬プラスワン!」前走から落ち着きを見せている狙い目の総合評価「A」の伏兵は……

■コントレイル

【中間調整】昨年無敗で3冠を達成。菊花賞を究極の仕上げで走り、そこから中4週のジャパンCというのは相当タフな条件下だったはず。実戦では内にササり気味になったが、それでも2着を確保したあたりは現役屈指の高い底力ゆえだろう。その後は指揮官・矢作師が“最適距離”と明言する2000mの大阪杯一本に絞り、逆算して休養。3月6日に栗東へ戻っている。牧場との連携がすこぶる順調だったようで、帰厩当初からスカッした緩みのない体を披露。帰厩最初の坂路追いでラスト2F13秒4-13秒2と素軽く動き、牧場でのリフレッシュ効果をアピールすると、翌週3月17日の坂路追いでは自己べストを1秒更新する4F50秒1(一杯)の猛時計を叩き出した。2週前に続いて福永騎手が騎乗した1週前追いはウッドでの併せ馬だったが、3歳馬相手とは言え先行馬を子供扱いして楽に先着。ここでもCW5F63秒3(馬なり)と、文句なしの自己ベストをマーク。この時点で完全に仕上がっていたと言っていい。

【最終追い切り】1週前までに十分な動きを見せていたので、最終追いはまったくの確認程度。周囲は他厩舎の馬で混雑する時間帯だったが、我関せずと自分の走りに集中しグイグイと進む。それでも結局馬なりで4F50秒6と、明らかに3歳時よりパワーアップを果たしたと見ていい。

【見解】とにかく牧場での過ごし方がすこぶる順調だったようだ。帰厩してテンション面やモタれる面など若干手を焼かせる面はあったのかもしれないが、2週前、1週前の動きを見るとそういう細かい点は杞憂として吹っ飛ぶ。最終追いでモタれる面が改善していた、修正力の高さもさすがだ。3冠馬にふさわしい走りができる。

総合評価「A」

■グランアレグリア

【中間調整】マイルCSは2着インディチャンプに3/4馬身差の勝利だったが、直線入口で前が塞がる不利があったことを考えれば着差以上に強い勝ちっぷり。その前のスプリンターズSが、4角15番手から追い込んで2馬身差Vだったし、まさに規格外の強さを見せつけた1年だった。その後、昨年暮れの段階で指揮官は距離を延ばすことを示唆。その時点で大阪杯は候補に挙がっており、正式に今年2月3日サンデーサラブレッドクラブが大阪杯参戦を表明した。3月3日に美浦へ戻り、当初は坂路15-15を重ねてじっくり体をほぐす。帰厩後初めての速い時計だった3月10日のウッドコース単走で、ややもっさりしていたが、それでも調整ペースを慌てて上げることなく、馬を信じて本数を重ねるのがいかにも藤沢和厩舎らしいところ。1週前追いでは後方からの馬にいったんパスさせ、追いかけに行かず我慢させるというミッションを課したが、最後までしっかりリズムを守って走れていた。

【最終追い切り】
今週はウッドコースでルメール騎手を背に、2頭を追う3頭併せ。4角手前で若干だけ力むような素振りを見せたが、直線に向くあたりで鞍上がきっちりこれをなだめ、そこからはリラックスした走りを続ける。結局、追えば突き抜けそうな勢いを保ちながら、最後まで相手に合わせて余裕のフィニッシュ。まさに時計以上の迫力ある走りだった。

【見解】2000m仕様ということで、帰厩後の調整はかなりの工夫が施されてきた。馬自身の対応力もさすがで、陣営が意図した通りの動き、時計でメニューを消化している。もちろん昨年までの快速馬としての稽古内容と大きく異なっており、調整面のチェンジオブペースが見えざるストレスになっている可能性は捨て切れない。だがこれは“重箱の隅”レベルだろう。他と比較しての「B」評価だが、やれることはやっており万全と言える。

総合評価「B」

■サリオス

【中間調整】昨年のマイルCSはキャリア初の馬券圏外となる5着に終わったが、いわゆるイン前有利なレースで大外17番枠スタートに泣いた格好だ。メンバー最速となる上がり3F33秒1の脚を繰り出し、0秒4差なら負けて強し。その後暮れの香港国際競走はパス。ドバイターフに招待されていたが、蹄の状態を考慮してこちらも回避し、復帰初戦として大阪杯に臨んでくる。2月27日に美浦へ戻り、その後じっくり様子を見られて3月4日のウッドコース単走が帰厩最初の時計。ここで問題なく素軽い動きを見せたことから、コース併せ馬で徐々に時計を詰める、厩舎お得意の調整が進んだ。松山騎手が跨った1週前追いでは、目一杯追われた準オープン馬を楽にブチ抜く圧巻の動きを披露。

【最終追い切り】1週前が実質の最終追いで、レース当週は軽めの攻め内容だった。それでも先週併せたのと同じ準オープン馬と楽に併入と気迫十分の姿を披露。体全体を使ったフォームで、最後まで抜群の手応えを保っており促せばいくらでも飛んでいきそうな雰囲気と言えた。

【見解】ドバイを見送ったが、トレセンに戻ってからの動きは蹄の影響などまったく感じさせないのがいい。もとより雄大な馬体を誇るが、つくべきところに筋肉がつきメリハリが出てきた貫禄たっぷりの姿だし、動きに関しても操縦性や反応など研ぎ澄まされている。名門厩舎が想定通りのスケジュールで調整を進めており、馬の動きは想定以上。気配は文句なしだ。

総合評価「S」


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします