【プロ野球】投手vs打者で見るキーマン 「ロッテ・荻野貴司、日ハム・上沢に昨季打率.750」

(C)Getty Images

2日はロッテが2日連続となる16得点で日本ハムに大勝した一方、中盤までゼロ行進が続いたチームも多く、明暗がくっきりと分かれる試合が目立った。

巨人ヤクルトを相手に今季初となる完封負け、ソフトバンク西武に5者連続安打を浴びるなど投手陣が崩れて3連敗と、昨季の両リーグ覇者が苦戦を強いられ、現在、セ・リーグは広島、パ・リーグは西武が首位。

3日の6試合はいずれも14時にプレイボール。過去の対戦データから読み取った投手vs打者の「キーマン」はこの選手だ。

◆3日の予告先発・試合時間・中継情報「ヤクルト・田口麗斗が古巣相手に先発」

日・上沢 vs ロ・荻野 「2年連続で圧倒、光るベテランのバット」

ロッテのリードオフマン・荻野貴司は昨年、日本ハム上沢直之に対して打率.750と打ち込んだ。19年も5割をマークするなど相性の良さが光る。昨年はケガの影響で53試合の出場にとどまったが、今年は3月31日、1日の楽天戦で2試合連続のマルチ安打を放つなど好スタート。FA権を行使せず残留を選んだベテランのバットに期待がかかる。

20年 .750 4 3 0 1 0
19年 .500 6 3 0 2 1
18年 .250 4 1 0 0 1

オ・山岡 vs 楽・浅村「昨季、通算200号のメモリアル弾」

昨季、オリックス先発・山岡泰輔に対し、打率5割で本塁打2本をマーク。19年は打率1割に抑えられたが、それでも本塁打2本と長打で攻略していた。昨年9月、浅村が通算200号のメモリアルアーチを打った相手投手が山岡と相性がいい。昨季本塁打王の一撃に期待。

20年 .500 8 4 2 1 2
19年 0.1 20 2 2 3 11
18年 .154 13 2 0 0 4

デ・京山 vs 広・田中広「コンスタントにヒットを量産」

DeNA先発・京山将弥に対し、広島田中広輔は過去2年で17打数6安打、対戦打率は3割超え。長打こそ出ていないが、毎年コンスタントにヒットを打っている。昨日で6試合連続安打と好調キープ。昨日も初回から内野安打で出塁しており、今日も攻撃の起点として注目。

20年 .286 7 2 0 0 0
19年 .400 5 2 0 1 1
18年 .286 7 2 0 3 0

阪・青柳 vs 中・大島 「3年連続最多安打へ今季も好調」

中日大島洋平は昨年、2年連続となる最多安打を記録。今年も順調な滑り出しで打率3割台をキープしている。阪神のサイドハンド、青柳晃洋に対しても20年は打率.294、19年は.313、18年は対戦がなかったものの17年も.286と好成績を残している。青柳の横の揺さぶりをものともせず、今年も快音を響かせるはずだ。

20年 .294 17 5 0 4 0
19年 .313 16 5 0 2 1
18年 未対戦

◆今カードの見どころ<セ・4/2~4/4>「“非常事態”のヤクルトは巨人投手陣を攻略できるか」

◆今カードの見どころ<パ・4/2~4/4>「ソフトバンクvs西武、激戦の予感高まる首位攻防戦」

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします