【プロ野球】投手vs打者で見るキーマン 「中日・大島、デ・大貫に昨年、打率. 409のハイアベレージ」

(C)Getty Images

中日大島洋平が開幕から9試合連続ヒットと好調を維持。また、ソフトバンク柳田悠岐は本塁打など2安打を放ち、復調の兆しを見せた。

過去の対戦データなどから読み取った投手vs打者の「キーマン」はこの選手だ。

デ・大貫vs中・大島「昨年、打率. 409のハイアベレージ」

昨年、2年連続となる最多安打のタイトルを獲得した中日大島洋平が今年も好調だ。開幕から9試合連続でヒットを重ねており、打率3割台をキープしている。DeNA大貫晋一に対しては昨年、打率.409と打ち込んだ。19年はノーヒットに抑え込まれたが、その屈辱を経て昨年の逆襲につなげたようだ。今年も「対・大貫」の準備は整っているはずだ。

20年 .409 22 9 0 0 1
19年 .000 7 0 0 0 0
18年 未対戦

ソ・千賀vs日・西川「打率.444 球界のエースをお得意様に」

日本ハム西川遥輝は昨年、4年ぶりの打率3割超えを果たした。さらに42盗塁、ゴールデングラブ賞受賞など走攻守で存在感を発揮。ソフトバンクのエース・千賀滉大に対しても打率.444のハイアベレージを残した。19年は千賀に軍配があがっているが、18年も打率.400と好成績。球界を代表する右腕とのハイレベルな勝負は今年も注目だ。

20年 .444 9 4 0 2 0
19年 .067 15 1 0 3 8
18年 .400 5 2 0 2 2

巨・サンチェスvs神・近本「今季初の伝統の一戦 切り込み隊長に期待」

阪神近本光司は昨年、チームで唯一の全試合出場を果たし、2年連続の盗塁王も獲得した。今年は序盤から調子が上がらず、打率.162にとどまっているが、4月4日の中日戦では今季1号を放つなど上昇ムード。巨人サンチェスに対しては昨年、打率.333をマークし、アーチも2本かけている。相性の良い相手からヒットを放ち、勢いを本格化させたい。

20年 .333 6 2 2 0 0
19年 未対戦
18年 未対戦

◆ハマの番長よ 勝ってリーゼントにクシを入れろ!DeNA・三浦監督の初勝利にエール

◆柳田豪快3号、復調の兆し 連敗脱出に高まる期待

◆首位・西武 予想外のロケットスタート チーム防御率2・50は投手王国誕生の予兆か

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします