【水泳】東京五輪切符獲得 奇跡の復活を果たした池江璃花子に集まる称賛の声

池江璃花子 (C)Getty Images

4月4日に行なわれた東京五輪代表の選考会を兼ねた競泳日本選手権で、女子100メートルバタフライ決勝に登場した池江璃花子ルネサンス)は、57秒77で1位フィニッシュ。日本水連が定める400メートルメドレーの派遣標準記録57秒92を突破し、五輪代表に決まった。

◆【動画】奇跡の復活 東京五輪代表入り決定後のコメント

■どん底からの復活に各界から称賛の嵐

2019年2月8日に白血病判明。約10カ月の闘病生活を経て同年12月に退院。地道にトレーニングに取り組み、復帰初戦は2020年8月29日。そして、迎えた4日の復帰7戦目で五輪切符をつかんだ。復帰当初は「最大の目標は24年のパリ五輪出場」と公言していたが、3年も前倒し。レース後のインタビューでは涙をこらえながら、「自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていた。すごくつらくてしんどくても、努力は必ず報われるんだなと思った」と話し、多くの感動を呼んだ。

20歳の天才スイマーが起こした奇跡の復活劇に、日本そして世界から称賛の声が寄せられている。安倍晋三前首相は自身のツイッターで「感動と勇気をありがとう」とコメントし、東京都の小池百合子知事や丸川珠代五輪相らも祝福した。

海外メディアも池江の快挙を速報した。英公共放送『BBC』は、「白血病と診断されてからわずか2年で復活した」と伝えれば、ロイター通信は「池江が逆境をはね返した」と報じた。また、IOCバッハ会長は公式ツイッターに「白血病と診断されてから、わずか2年で東京五輪への出場権を得た。東京で会うことが待ち切れない」とメッセージを寄せた。そして、池江と合同練習も行うリオ五輪100メートルバタフライ金メダリストサラ・ショーストロムスウェーデン)は、自身のインスタグラムのストーリーで、「アメージング」とハートマーク付きで祝福し、親友でありライバルの復活を喜んだ。

大仕事を成し遂げた池江だが、東京五輪への歩みはまだまだ続く。7日、8日には女子100メートル自由形に参加。この種目では、個人では派遣標準記録53秒31を切り2位以内に入れば代表に内定する。また、リレーの派遣標準記録54秒42を切り4位以内なら400メートルリレーのメンバー入りとなる。中2日で迎えるハードな日程だが、さらなる代表権獲得へ、奇跡の続きに期待が集まる。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします