【格闘技】「RIZIN.28」東京ドーム大会が6月13日に延期 「キャパの半分を最大の目標にして前に進む」

オンラインで会見を行ったRIZIN・榊原CEO(2021年4月23日)(RIZIN公式 YouTubeより)

RIZIN榊原信行CEOは23日、公式YouTubeで会見を行い、5月23日に東京ドームでの開催が予定されていた「RIZIN.28」の開催日を、6月13日に延期すると発表。4都道府県に緊急事態宣言が発出されることを受けての措置となった。

◆武尊、vs那須川天心“6月東京ドーム”報道に「自分の口で伝える」

3週間の延期決定について榊原CEOは「緊急事態宣言で(新型コロナウイルスの)感染者数が抑え込めれば、観客の皆様へ入っていただける人数も増やすことができるだろうという期待感を持っている」と語った。

東京ドームでの総合格闘技開催は約18年ぶりということもあり、榊原CEOは「キャパの半分(2万5000人)まで入れることを最大の目標、希望にして前に進めたら」と強い決意を口にした。

また、5月30日に丸善インテックアリーナ大阪での開催が発表されている「RIZIN.29」については、当初の予定どおり実施となる。観客数は最大で5000人が予定されている。

◆バンタム級GPの8カードが抽選会で決定! 朝倉海「一回戦は誰でも良い」対する渡部「予想外だが全力で勝つ」

◆スダリオ剛「僕はヘビー級王者を目指している。終わり」階級下のストラッサーの挑戦に

◆吹き荒れるカーフキック旋風 完敗マクレガーも衝撃「経験したことない」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします