【フローラS/データ攻略】ソダシを止める馬は?「内枠」「出世時計」から浮かび上がる2頭の可能性

今週は東京競馬場でフローラS(芝2000m)が行われる。

桜花賞2着馬サトノレイナスがダービー参戦を表明し、ソダシ1強ムードがますます高まる3歳牝馬戦線。無敗の女王を止めるのはいったいどの馬か? オークスへの出走権をかけた舞台に17頭が集結する。

データで紐解く今年のフローラS。過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをご覧いただきたい。

1.ユーバーレーベンを後押しする「内枠」というファクター
2.伏兵パープルレディーが持ちうる「出世時計」という強力データ
3.データが導く2021フローラSの穴馬候補は?

◆【フローラS/追い切りジャッジ】調整順調「S」評価のユーバーレーベンは勝ち負け必至

■ユーバーレーベンを後押しする「内枠」というファクター

札幌2歳S阪神JFとそれぞれソダシに肉薄したユーバーレーベン

世代トップクラスの実力があるにもかかわらず、テンにいけない脚質から勝利に手が届かない現状。この舞台替わりをどう捉えるかだが、今回は好条件を味方につけることができた。

・フローラSにおける馬番4番以内→4年連続勝利

東京芝2000mは内枠有利。そのセオリー通りの結果が表れたデータだ。

過去の勝ち馬を紐解くと、サトノワルキューレウィクトーリアなど道中10番手以下を進んだ馬が鮮やかな末脚で勝ち名乗り。たとえ不安定な脚質だとしても内枠なら相殺可能。絶好枠を引き当てたユーバーレーベン、4度目となるソダシとの対決に向けて落とせないレースと言えそうだ。

■伏兵パープルレディーが持ちうる「出世時計」という強力データ

6人気の低評価ながらゆりかもめ賞を勝利。満を持して重賞の舞台に足を踏み入れるパープルレディー

重賞のメンバー相手となる今回は試金石の一戦。半信半疑の評価にとどまっている印象だが、その声に立ち向かうべく少し角度を変えたデータをご紹介したい。

・同馬を除く、東京芝2000mを2分1秒台前半で勝った2歳牝馬→5頭

5頭の内訳は、

・スカイグルーヴ
・シャドウディーヴァ
・エトワール
・ルージュバック
・フーガフューグ

5頭中3頭に重賞連対歴あり。将来性を推し量るバロメーターのひとつをクリアした点は興味深い。

「出世時計」で東京芝2000mを制したパープルレディー。重賞の舞台でもその輝きを放つ可能性は十分だ。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします