【プロ野球/打のキーマン】ロッテ・荻野貴司、12試合連続安打なるか SB高橋礼に対して過去2年で.455

(C)Getty Images

23日のプロ野球は、ヤクルト・山田哲人が2本塁打を含む3安打の活躍。本塁打ランキングでも同僚の村上宗隆と並びリーグトップタイ(7本)となった。パ・リーグでは、楽天の新助っ人・ディクソンが来日初出場でレフトへ一発を放ち、本拠地のファンを沸かせた。

ここでは打者vs投手の対戦データから読み取った「打のキーマン」をピックアップする。24日の注目打者はこの選手だ。

◆DeNA・柴田が担架で運ばれる 大和と接触、最後は“下敷き”で左肩負傷

過去2年間は打率.455と好相性

ロッテ・荻野貴司 vs ソフトバンク・高橋礼

これまでにソフトバンク・高橋礼と対戦した回数は決して多くはないが、過去2年で11打数5安打、打率.455と打ち込んでいる。現在、11試合連続安打を記録するなど安定した打撃を披露しているが、得意投手相手に数字を伸ばせるか。

21年 .333 3 1 0 0 0
20年 .500 2 1 0 0 0
19年 .444 9 4 0 2 0
18年 未対戦

好相性の相手&得意の本拠地で固め打ちに期待

ヤクルト・青木宣親 vs 中日・柳裕也

18年~20年にかけて中日・柳裕也との対戦打率は.326、本塁打も3本放っている。戦列に復帰後まだ複数安打の試合こそないが、今季は神宮での打率が4割を越えているだけに、大ベテランならではのバットコントロールを見せてくれそうだ。

21年 未対戦
20年 .455 11 5 2 1 2
19年 .269 26 7 1 2 2
18年 .333 6 2 0 3 0

1番定着で3試合連続安打、昨季は札幌ドームで好結果

オリックス・宗佑磨 vs 日本ハム・上沢直之

複数ポジションをこなしながら、直近3試合では1番打者として12打数5安打と調子は上向き。昨季は札幌ドームで打率.333を記録し、日本ハムに対しても相性は悪くなかった。切り込み隊長として4連勝中のチームにさらなる勢いをつけたいところ。

21年 .500 2 1 0 1 0
20年 .500 4 2 0 0 1
19年 未対戦
18年 .200 10 2 0 1 1

◆失意のソフトバンク・千賀 長期離脱を乗り越え“真のエース”へ

◆悪い時の兆候出た阪神・藤浪 チームはふんどし締め直さないと 藤田平氏が指摘

◆阪神ドラ1佐藤輝、痛恨失策も“経験者”から貴重な助言「一度の後逸は仕方ない」

テータ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします