【プロ野球/打のキーマン】4番定着のソフトバンク・栗原陵矢、相性抜群の西武・松本から固め打ちなるか

(C)Getty Images

7日のプロ野球は、5試合で合計17本塁打が飛び交うなど、打ち合いとなる試合が目立った。

阪神のゴールデンルーキー・佐藤輝明は、新人選手としては最速の33試合目で10号本塁打を記録。パ・リーグでは開幕から存在感を放つオリックス・杉本裕太郎が、自身初の2打席連続本塁打。ここまで打率も.340と、吉田正尚に負けず劣らずの活躍を続けている。

8日は10球団5試合が行われる。ここでは打者vs投手の対戦データから読み取った「打のキーマン」をピックアップする。

◆本塁打1本も、貢献度は10本のマーティンよりも上…セイバー指標で選ぶパ月間MVPは?

■5月は打率.385と好スタート、九里とも好相性

中日・ビシエド vs 広島・九里亜蓮

5日のDeNA戦では無安打に終わったが、5月の月間打率は.385と良いスタートを切っている。2018年~21年にかけて、広島・九里亜蓮に対して打率.320を記録。今季は右投手に対して打率.315を残している点も見逃せない。

21年 .333 3 1 0 0 1
20年 .111 9 1 0 4 2
19年 .500 4 2 0 1 1
18年 .444 9 4 0 0 0

■通算12打数7安打、昨季は5割超え

ソフトバンク・栗原陵矢 vs 西武・松本航

打率ランキングで5位につけるなど、シュアな打撃で4月末からは4番打者に定着している。昨季は西武・松本航から11打数6安打、1本塁打と安打を量産。今季は初顔合わせとなるが、固め打ちの予感も。

21年 未対戦
20年 .545 11 6 1 1 1
19年 1.000 1 1 0 0 0
18年 未対戦

■4月の対戦では3ラン、得意のホームで復調なるか

ロッテ・マーティン vs オリックス・田嶋大樹

5月に入ってから打率.154、3試合で11三振と粗さが目立っているが、オリックス・田嶋大樹からは4月6日の対戦で3ランを放っている。打率.302、6本塁打と相性の良いホームでの試合ということもあり、復調の兆しを掴めるか。

21年 .333 3 1 1 0 2
20年 .000 3 0 0 0 1
19年 .333 3 1 1 0 1
18年 未対戦

◆本塁打1本も、貢献度は10本のマーティンよりも上…セイバー指標で選ぶパ月間MVPは?

◆長打力の佐藤輝&無失点の栗林が“本命”も… 群雄割拠の新人王争い

◆開幕5戦5勝の巨人・高橋よりデータでは凄い…セイバー指標で選ぶセ月間MVPは?

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします