【プロ野球/打のキーマン】巨人・岡本和真、直近3戦で3本塁打と絶好調 阪神・青柳に対しても今季は相性良し 

(C)Getty Images

13日のプロ野球は、予定されていた3試合中2試合が雨天中止となり、阪神中日の試合のみとなった。中日・木下拓哉が2回に2試合連続となるソロホームランを打ち先制するが、7回に阪神・近本光司のセンター前のヒットで同点に。その後、サンズの本塁打で8回に勝ち越した阪神が接戦を制し、引き分けを挟む3連勝を飾った。

ここでは打者vs投手の対戦データから読み取った「打のキーマン」をピックアップする。

◆「男」村田修コーチが目を細める背番号25後継者・岡本和の成長「あと20年できる」

■前回2打席連続ホームラン

巨人・岡本和真 vs 阪神・青柳晃洋

4月21日の対戦で、阪神・青柳晃洋から2打席連続本塁打を放ちチームの勝利に大きく貢献。昨年は、6打数0安打であったが19年と18年の打率も.333と相性が良く、得意としている。直近3試合で3本塁打と好調なだけに、首位攻防戦での活躍に期待。

21年 1.000 3 3 2 0 0
20年 .000 6 0 0 0 2
19年 .333 9 3 1 1 1
18年 .333 3 1 0 0 1

■20年に打率.375、復調を掴みたい

ロッテ・荻野貴司 vs 西武・髙橋光成

4月30日の楽天戦で16試合連続ヒットが途切れてしまったが、ここ7試合連続ヒット中のロッテ・荻野貴司。相手先発・髙橋光成に4月9日の試合で3打数ノーヒットと抑え込まれてしまったが、19~20年の対戦打率は.471と高水準。

21年 .000 3 0 0 0 1
20年 .429 7 3 0 1 1
19年 .500 10 5 0 0 0
18年 未対戦

■20年に打率.375、復調を掴みたい

日本ハム・近藤健介 vs ソフトバンク・石川柊太

ここ2試合、ヒットがない日本ハム・近藤健介。今日からのソフトバンク戦で心機一転を期待したいところ。今季初対戦となるソフトバンク・石川柊太との昨年の対戦打率は.375と相性が良い。今日の試合が復調のきっかけとなるか。

21年 未対戦
20年 .375 8 3 0 0 1
19年 未対戦
18年 .286 7 2 0 1 1

◆「2冠」岡本和真に続け 期待高まる巨人の「96年世代」

◆新井貴浩氏が指摘 阪神・佐藤輝 フルスイングがいい意味で振り幅長い

◆「男」村田修コーチが目を細める背番号25後継者・岡本和の成長「あと20年できる」

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします