【プロ野球/打のキーマン】阪神・マルテ、データが示す東京ドームでの好相性 Gサンチェスから連夜の一発なるか

(C)Getty Images

14日のプロ野球は、広島DeNAに9-2で快勝。小園海斗がチーム22イニングぶりのタイムリーを放つと、羽月隆太郎も打点を記録するなど、2018年ドラフト指名組の活躍でセ・リーグ単独4位に浮上した。

パ・リーグでは、ロッテが2点を追う9回にレアードの一発で西武に追いつき、2試合連続の引き分けに持ち込んだ。レアードはこれで3試合連続の本塁打となり、5月は現在13打点を記録するなどロッテ打線のポイントゲッターとなっている。

ここでは打者vs投手の対戦データなどから読み取った「打のキーマン」をピックアップする。

◆日本ハムの将来担う吉田輝星、清宮に足りないものは…OB田中幸雄氏が育成システムの“穴”指摘

■5試合連続安打中&ZOZOマリンで打率3割超え

西武・源田壮亮 vs ロッテ・美馬学

14日のロッテ戦で先制ホームランを放つなど、現在5試合連続安打中。美馬学との対戦回数は決して多くはないが、過去の成績から見ても特段苦手意識はないはず。今季、ZOZOマリンでの打率が.313となっていることも見逃せない。

21年 .333 3 1 0 0 1
20年 .000 7 0 0 0 3
19年 .667 3 2 0 0 0
18年 .333 6 2 0 0 2

■東京ドームでは16打数8安打

阪神・マルテ vs 巨人・サンチェス

4月20日には巨人・サンチェスから2打席連続HR。今季は巨人戦で打率.360、4本塁打を放つなど相性の良さが光るが、東京ドームに限定すると16打数8安打4本塁打、打率.500と驚異的な数字となる。2000試合目となる「伝統の一戦」でもしっかり結果を残してくれそうだ。

21年 1.000 2 2 2 1 0
20年 .000 3 0 0 0 0
19年 未対戦
18年 未対戦

■首位打者争いをリード中、注目は第1打席

広島・菊池涼介 vs DeNA・ピープルズ

開幕から首位打者争いをリードしているが、5月に入っても無安打は1試合のみと打撃は安定している。特に第1打席では圧巻の集中力を発揮しており、打率は.432。DeNA先発のピープルズは、右打者を苦手(被打率.333)としているだけに、今日も早い段階で結果を残せるか。

21年 未対戦
20年 .200 5 1 0 0 2
19年 未対戦
18年 未対戦

◆日本ハムの将来担う吉田輝星、清宮に足りないものは…OB田中幸雄氏が育成システムの“穴”指摘

◆阪神・佐藤輝は「交流戦後にブレークする」 専門家が“真の覚醒”を確信するワケ

◆ロッテ・佐々木朗希、“山賊打線”相手に1軍デビューへ 2軍では5試合で防御率0.45

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします