【プロ野球/打のキーマン】ヤクルト・オスナは3試合連続でマルチヒット 6試合連続でQSの中日・柳を打ち崩せるか

(C)Getty Images

15日のプロ野球は、セ・パ5試合が行われた。セ・リーグは、阪神怪物ルーキー・佐藤輝明は全打点を記録するなど3安打3打点と活躍した。また、ヤクルトはクリーンナップの山田哲人村上宗隆オスナの3人がマルチヒットをマークして中日に勝利。

パ・リーグでは、オリックス・吉田正尚楽天・田中将大に対して、左中間への逆転ホームランを放ち、チームを2連勝に導いた。さらに西武・源田壮亮が投手戦の均衡を破るタイムリーを放った。

ここでは打者vs投手の対戦データなどから読み取った「打のキーマン」をピックアップする。

◆岡田彰布氏が敗戦をひもとく「阪神はもっと余裕をもっていい」

■7試合連続ヒット中 好投手を相手に快音なるか

ヤクルト・オスナ vs 中日・柳裕也

中日・柳裕也とは今季初対戦となる。最近3試合でマルチヒットを記録するなど絶好調。特に15日は、ダメ押しとなる2点タイムリーを放つなど活躍した。中日戦の打率.450と相性も良い。6試合連続でQSを達成している好投手を打ち崩せるか。

21年 未対戦
20年 未対戦
19年 未対戦
18年 未対戦

■過去3年で打率.500と得意にしている

日本ハム・渡邉諒 vs ソフトバンク・二保旭

4月27日のソフトバンク戦は1回に先制となるセンターへのヒットを打つなど4安打の固め打ち。相手先発・二保旭とは、過去3年で12打数6安打とヒットを量産。さらにソフトバンク戦の打率.435とハイアベレージをマーク。

21年 未対戦
20年 .600 5 3 0 0 1
19年 .500 6 3 0 1 0
18年 .000 1 0 0 0 0

■19年には5打数5安打と無双

ロッテ・荻野貴司 vs 西武・平井克典

11日のソフトバンク戦で、先発・二木康太を援護する適時打などで勝利に貢献。さらに8試合連続ヒットを記録するなど好調。西武・平井克典とは19年には5打数5安打と快音連発で、今季もヒットを放っている。リードオフマンとして、チームを勢いづけたいところ。

21年 .333 3 1 0 0 0
20年 .333 3 1 0 0 0
19年 1.000 5 5 0 2 0
18年 .000 3 0 0 0 1

◆【プロ野球/16日予告先発】「令和の怪物」がついに1軍デビュー ロッテ・佐々木朗希が西武戦で初登板

◆佐々木朗希、さあ1軍デビュー! 兼ね備えた“3大要素”…群を抜く2軍の投球データ

◆田中将大は「上手くなった」 オリ中嶋監督が感じ取った“投球術”と進化

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします