【MLB】大谷翔平、3戦連発の特大弾に米メディアも達観気味「本塁打はオオタニの日課」

エンゼルス・大谷翔平(2021年5月19日)(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地でのクリーブランド・インディアンス戦に「2番・DH」で出場し、1回の第1打席で3試合連発となる14号ソロを放った。大谷の3試合連続本塁打は3年ぶり3度目となった。

【動画】このエグい打球角度と打球音、そして“確信歩き”……大谷翔平、3戦連発の第14号ホームラン

■「MVPへの機運をまた高める」

初回、相手先発・プリーサックと対峙した大谷は、2球目に投じられた93.7マイル(約151キロ)のフォーシームを強振。強烈な打球音とともにボールはバックスクリーンへ飛び込んだ。打球速度は約112マイル(約180.2キロ)、飛距離約134メートルの特大弾であった。

米メディア「ESPN」によるとシーズン出場40試合以内での14本塁打は、2020年のマイク・トラウト(16本)、1986年のウォーリー・ジョイナー(15本)に続いてエンゼルス史上3人目となっており、球団史に再び名を刻むことになった。

大谷の本塁打を速報したMLB公式サイトは「オオタニが行っていることは球界で唯一無二であり、今季14号でリーグMVPへの機運をまた高めることになった」とレポート。また、現地放送局「FOX Sports」はTwitterでこの一発について「オオタニの日課となっている本塁打」と紹介するなど、大谷の規格外の活躍も現地では“日常茶飯事”となっているようだ。

◆両リーグ独走14号の大谷翔平に米称賛の嵐、敵将「もう大谷のプレーを楽しむしかない」

【動画】このエグい打球角度と打球音、そして“確信歩き”……大谷翔平、3戦連発の第14号ホームラン

◆「明日は先発として投げるんだが…」大谷翔平、登板前日の3戦連発弾に現地放送局も“お手上げ”

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします