【MLB】「明日は先発として投げるんだが…」大谷翔平、登板前日の3戦連発弾に現地放送局も“お手上げ”

ここ5試合で4本塁打と好調なエンゼルス・大谷翔平(2021年5月19日)(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地アナハイムでのクリーブランド・インディアンス戦に「2番・DH」で先発出場。第1打席で3試合連続本塁打となる14号ソロアーチを放った。第2打席でも中前打を放ち、マルチ安打をマークした。エンゼルスは5-6で敗れ、連勝は2でストップした。

【動画】このエグい打球角度と打球音、そして“確信歩き”……大谷翔平、3戦連発の第14号ホームラン

■第2打席でもヒットを放ち今季12度目マルチ

見せ場はいきなりやってきた。初回1死走者なしで迎えた大谷の第1打席。インディアンスの先発右腕プリーサックの93.7マイル(約151キロ)の外角直球を捉えると、打球はセンターバックスクリーンの奥へ消えていった。打球速度111.9マイル(約180キロ)、飛距離は440フィート(約134メートル)、角度31度を記録した特大弾は3試合連続のアーチ。大谷の3戦連発は、19年4月3、4日のインディアンス戦と6日のアスレチックス戦、19年9月4、5日のレンジャーズ戦と7日のホワイトソックス戦に続き、今回が自身3度目となった。

本塁打争いトップを快走する14号に、米放送局「バリー・スポーツ・ウエスト」は、実際の映像をとともに「今のところ特に言うことはない」と半ばあきれ気味にツイートすると、「明日は(先発投手として)投げるのだが……」とつぶやいた。

4回に迎えた第2打席、大谷は4球目の外角低めのチェンジアップに合わせ、中前にはじき返し、今季12度目のマルチ安打を達成した。5回の第3打席は、カウント3-0となったところで申告敬遠。8回の第4打席は、2番手の右腕ショーのカットボールにコンタクトしたが、シフトで二塁ベース付近に守っていた遊撃手の正面となり、遊ゴロに倒れた。

主砲のトラウトが右ふくらはぎの張りのために負傷者リスト入りし、6~8週間の離脱が決定。暗雲漂うチームにおいて、大谷にかかる期待はさらに大きくなりそうだ。大谷は19日(同20日)のインディアンス戦に今季6試合目の先発登板する予定で、今季2勝目を目指す。

◆両リーグ独走14号の大谷翔平に米称賛の嵐、敵将「もう大谷のプレーを楽しむしかない」

◆大谷翔平、3戦連発の特大弾に米メディアも達観気味「本塁打はオオタニの日課」

◆【動画】このエグい打球角度と打球音、そして“確信歩き”……大谷翔平、3戦連発の第14号ホームラン

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします