【日本ダービー/レース傾向】土曜東京芝はドゥラメンテなどミスプロ系の血統が活躍、1枠はまさかの不振…

30日に東京競馬場で行われる第88回・日本ダービー(GI、芝2400m)の前日、29日の土曜東京芝の傾向を紹介する。

■【枠順】7・8枠の“外枠”が活躍、内枠は…

今週からB→Cコース替わりにもかかわらず、枠順で活躍したのは外枠。1着はないが、7枠は2回4回、8枠は2着1回3着3回と、馬券によく絡んでいた。日本ダービーと好相性の1枠は3着1回のみ。

◆【日本ダービー2021/騎手データ】エフフォーリアの横山武は東京芝2400mわずか1勝、連対率30.4%を誇る“府中の鬼”とは

■【血統】ミスプロ系が台頭、ディープも穴注意

ドゥラメンテ産駒が2着2回3着1回と1着はないが馬券内を賑わせ、リオンディーズ、エイシンフラッシュ、マクフィと「ミスプロ系」の産駒が活躍。ディープインパクト産駒も6番人気1着、8番人気2着と人気薄での好走が目立った。

◆【日本ダービー2021/後編・穴馬】10番人気以下に潜む“盲点”、皐月賞敗退組の巻き返しで「一角崩し」を狙う

■【脚質】差し・追込が圧倒、逃げ・先行は不振

土曜芝は差し・追込が圧倒的に有利だった。差しは3勝2着2回3着1回、追込は1勝2着1回3着3回で、後方勢の台頭が目立った。先行は1勝2着2回。逃げは馬券に絡むことができなかった。

◆【日本ダービー2021/後編・穴馬】前走上がり最速の脚も完敗の穴馬、強力データが示す「6-1-1-0」の“買い”要素

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします